フランスの干ばつは2006で歴史的なものになる可能性があります

2006はまた、干ばつの観点からも非常に困難な年、あるいは歴史にさえなり得ます。

ネリー・オリンが昨日の記者会見で干ばつに関連したスピーチを始めたのはこの観察によるものです。 フランスでは、近年、水不足が加速しており、2004年から2005年の冬は乾燥していたが、雨が待ち望まれていた2005年の秋も同様に乾燥していて非常に心配である。

その結果、大臣は「XNUMX月までに蓄積された赤字を埋めるために大量の雨が降らなければ、状況は非常に困難になるだろう」と推定している。

続きを読みます

また読みます:  電気自動車のソーラー屋根を供給します。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *