フランスの干ばつは2006の歴史的かもしれません


この記事を友達とシェア:

2006はまた、干ばつのために確かに歴史的に非常に困難な年になる可能性があります。

これはネリーオーリンは昨日の記者会見で、干ばつに関連する発言を始めたこの実現です。 フランスでは、数年前から、水赤字は冬2004-2005は乾燥していた一方で、2005は雨が待ち望まれた秋は、ドライ、非常に不穏である、加速しています。

En conséquence, la ministre estime que « Si des pluies abondantes ne viennent pas d’ici mars combler le déficit accumulé, la situation sera extrêmement difficile ».

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *