フランスの干ばつは2006で歴史的なものになる可能性があります

2006はまた、干ばつの観点からも非常に困難な年、あるいは歴史にさえなり得ます。

ネリー・オリンが昨日の記者会見で干ばつに関連したスピーチを始めたのは、この観察からです。 フランスでは、数年前から水不足が加速してきましたが、2004年から2005年の冬は乾燥しており、雨が待ち焦がれていた2005年の秋は、同様に乾燥しており、非常に心配です。

その結果、「3月までに大量の雨が累積赤字を埋めることにならなければ、状況は非常に困難になるだろう」と大臣は考えている。

続きを読みます

また読みます: Villeneuve-sur-Lot:制裁と燃料油の終わり?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *