学者はT2を呪っ


この記事を友達とシェア:

呪われた学者は、研究者除外:ボリュームを2

ピーター・ランス
言語:フランス語出版社:出版社ガイTredaniel(2月21 2005)
コレクション:生存者は違法と禁止治療法
形式:ペーパーバック - 351ページ
ISBN:2844455727
(単位cm)寸法:16 2 24 X X

科学者呪わ

本の学者:

電気とACのプロモーターの先駆者の一人だったニコラ・テスラ、セルビア原産のアメリカのエンジニアは、今日世界的に採用しました。 彼は40メートルの雷が点滅を生成するために彼の実験に成功し、無制限の量で電気エネルギーを生成するために巨大なコンセントのように地球を使用する方法を発見しました。 彼の死の後、本発明は隠され、決して悪用されました。

ライナス・ポーリング、化学1954アメリカの生化学者の世界的に有名なノーベル賞とノーベル平和賞1963。 全会一致で祝ったが、彼は突然激しく批判されたと彼は癌が単に高用量でビタミンCを取ることによって無効にすることができていることを彼の理論を開発したときに追放します。 医療専門家は、このビタミンの価値を認めざるを得たが、高用量に対して助言なし実際の治療効果とその最小限の用量を認めました。

六十年代に定期的に一般的に幼児のためと副作用なしで使用される軽度の鎮静剤を服用することにより、癌のすべての開発を停止する方法を発見したアンドレ・Gernez、病院ルーベの元主治医、。 ニクソン大統領は、この発見が最終的にフランスとアメリカで抑制されたとき、彼は、米国政府の注目を保持しているが



非常に効果的な抗がん剤の1945の発明でガストンNaessens、自身が開発した画期的な顕微鏡のおかげ。 彼は起訴や薬の違法な練習のためにフランスで有罪判決を受けたと彼は時々​​、カナダの医療機関を作成するトラブルにもかかわらず、それは1964国にその製品を配布し続けケベック、で亡命し、80で、有していました。

湿布からの植物と癌腫瘍を破壊するために管理デビッド・リース・エヴァンス、漢方薬で長い家族の伝統のウェールズヒーラーの相続人、。 様々な試練にもかかわらず、彼の成功のためにその悪名は、英国と米国で展開してやみません。 世論の圧力は、委員会の公式調査を任命する英国政府を説得し、それが結果を争われ、彼を信用しようとしました。

Jean-Pierre Maschi, médecin généraliste niçois qui découvrit dans les années 60 que la « pollution électrique » était la cause principale de la sclérose en plaques. Il mit au point un traitement efficace pour la soigner. Ses nombreux succès lui valurent les premières pages de la presse et une accusation de publicité par l’Ordre des médecins, qui le radia à vie. Sans se soucier de cette radiation, il continua de soigner de nombreux patients.

成功した油型を通してTBおよび癌を治療するために戦争1940の道の前に発見された石油探査に特化したポールThépenier、美術品や工芸品エンジニア、。 医学の教授に励まされ、彼は入院患者の成功の試験を行うことができます。 しかし、医学のアカデミーへのすべての通信を無視し、彼の発見は無視されました。

ピエールDelbet、14-18の戦争中の塩化マグネシウムの再生器と抗がん効果を発見した偉大な外科医のボス、医学アカデミーのメンバーであり、外科、。 彼は多くの実験と同様にマグネシウムが豊富な地域では、がんのはるかに低い発生率を示すマップすることで、この治療法の有効性を証明したが、予防政策癌を提案する彼の同僚を説得するために管理することはありません。

特に結核に対して、非常に高度な医学研究の成功に彼の人生の後半を過ごしたオーギュストリュミエール、映画の共同発明、。 20医学書、150製薬名物の作成者および臨床リヨンの上の著者は15 30の医師やスタッフを採用したものとみなさ、彼は彼の作品と彼の仕事の価値の公認を得ることができませんでしたあいまいに落ちました。

1957有機シリカとその癒しと癒しの資質で発見ノルベルト・Duffaut化学者。 彼は病院のテスト中に作ることができ、癌および心血管疾患に対するその有効性を実証しました。 再三の要求と壮大な成功にもかかわらず、彼はDNRとしてその薬を販売する許可を得るために管理することはありません。

Jacques Benveniste, interne des hôpitaux, directeur de recherche à l’Inserm, qui découvrit en 1984 le phénomène dit « de la mémoire de l’eau », lequel explique l’efficacité des hautes dilutions homéopathiques (volumes aquatiques dans lesquels toute trace de la molécule initialement diffusée a disparu). Il expliqua leur effet par la transmission d’informations imprégnées, de surcroît enregistrables et transmissibles par Internet. Il subira toujours l’ostracisme des cénacles officiels jusqu’à son décès en 2004.

Louis Kervran, biologiste qui découvrit dans les années 60 la réalité des transmutations biologiques, c’est-à-dire la transformation des atomes à l’intérieur des organismes vivants, analogue aux transmutations revendiquées par les alchimistes médiévaux. (C’est ainsi que les poules qui ne trouvent pas de calcaire dans leur environnement picorent les parcelles de mica que leur corps transforme en calcaire pour édifier les coquilles d’oeufs). Malgré les nombreuses preuves qu’il apporta de ce que l’on appela après lui la « fusion froide », le monde scientifique refuse encore de croire à cette possibilité qui ouvrirait à la science de larges horizons énergétiques et biologiques.


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *