地球を救う

数年前、地球温暖化について最初に警告を発したのは、皮肉、せいぜい丁寧な無関心だけでした。 今日、フランスでは、公的機関である環境エネルギー管理庁(Ademe)が、地球温暖化との闘いに貢献するよう国民に呼びかけるスポットを放送しています。
天然資源の保護(さらに地球温暖化との闘いに関連している)に関しても、同様の進展ができるだけ早く起こることが期待されます。特に、生態学は依然としてあまりにも頻繁に考慮されています。経済的要請と企業の「収益性」に関連した、毛むくじゃらのゾゾの問題としての超リベラルな経済界。
緊急事態が発生していることを人々に理解させるには、1人を超える国際的な専門家によって書かれ、300月30日水曜日に国連によって発行されたような壊滅的な報告がさらにいくつ必要になるでしょうか。
「惑星を略奪する」という表現は、この作品を読む上で実際にその完全な意味を帯びています。これは、この主題に関してこれまでに行われた中で最も重要なことです。 「人間の活動は、地球の自然の機能にそのような負担をかけるため、地球の生態系が将来の世代をサポートする能力をもはや当然のことと見なすことはできません」と述べています。 いつものように、特に安全な水へのアクセスの欠如によって、貧しい人々が最初に影響を受けます。
知恵は、専門家によって助言された、消費、技術、または生態系の利用の観点から、重大な変化を最大限に考慮に入れることを勧めます。 しかし、主要な訓練の役割を担うべき主要な世界大国である米国の大統領は、これまでのところ、この主題に関心を示していません。 ジョージ・ブッシュは、報告書の推奨とは正反対の、アラスカの自然保護区での石油探査を許可しただけではありませんか?
良心の先史時代に端を発する態度に直面しているヨーロッパは、発展途上国と同様に責任を負っており、採用する姿勢に躊躇しているようです。 とにかく、京都議定書への参加を拒否したのは米国に先んじている。
フランスでは、共和国大統領はこの問題の重要性を理解していました。 少なくとも原則として。 ジャック・キラックは、彼の生態学的認識と彼の有権者の厳密な経済的利益の間で引き裂かれているからです。 最近大臣評議会によって採択された水道法案の臆病さは、再びこれを示しています。
ヨーロッパの政治指導者たちは、この戦いで主導権を握ることによって彼ら自身を称えるでしょう。 欧米の試合では、これは歴史的な責任を果たす絶好の機会です。 今日の現代性は、私たちが地球を救わなければならないことを理解することです。

また読みます:  危険にさらされている自然:事実と数字

ソース: LeMonde.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *