ロシア:モスクワが京都議定書に参加

ロシアは、長い間先延ばしにした後、本日、正式に京都議定書に参加しました

ロシア政府は、批准に関する法案を承認し、最終合意のために下院に提出します。

モスクワからのこの青信号は、最終的には温室効果ガスの削減に関して1997年に締結された国際協定の発効を可能にするはずです。

下院は、大部分が親クレムリン統一ロシア党によって支配されているため、ロシアの批准は大きな問題ではないはずです。

京都議定書は、発効するために、先進国のCO55排出量の55%を表す少なくとも2国によって承認されなければなりません。

米国は2001年にそれを拒否することを決定しましたが、55%の基準に達するには、ロシアの承認が必要です。

特に欧州連合からの執拗な呼びかけにもかかわらず、プーチン大統領は、ロシアの指導者の支持者と反対者がロシアの指導者の中で互いに衝突したため、近年、彼の意図に熱く冷たく吹いています。契約。

また読みます:  ADEME Sun Plan 2005-2006、太陽熱温水器、省エネのチャンピオン

欧州委員会はすぐにロシアの集会を歓迎し、この件に関してモスクワと協力することは「焦り」であると述べた。

国連の気候ファイルの責任者は、プーチン大統領がこうして「国家に対する彼の感覚を示し、国際社会に励ましの合図を送った」と推定した。

ロシアの承認は、ウラジミール・プーチンの優先事項である世界貿易機構へのロシアの参入を促進するはずです。

ソース: France2

経済学の注記:ブッシュ氏が再選された場合、米国がこの議定書を承認するのを見る準備はできていません...

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *