英国とスウェーデンは、京都議定書の目標を達成するために順調に進んでいます

英国とスウェーデンは、京都議定書に署名した唯一の欧州諸国であり、温室効果ガス排出削減目標を達成する可能性が高いように思われますが、イタリアとスペインではそうは思われません。

1997年に日本の京都で調印された協定は、155か国によって批准され、昨年2012月に発効しました。 このように、欧州の加盟国は、8年までに温室効果ガス(GHG)の総排出量を1990年よりも21%削減することを約束しました。 0の加盟国間でこの目的の負担を分配する必要があると考えた。 この目標は、負(ドイツでは15%)、ゼロ(フランスでは1990%)、または正(スペインでは+ XNUMX%)です。 肯定的な目標とは、進行中の経済発展の観点から、XNUMX年と比較してGHG排出量を増加させることを国が許可されていることを意味します。 したがって、署名国は、目的に沿ったエネルギー政策を策定しなければなりません。 彼らはそれぞれ、これらの目標を達成できるようにしなければならない正確なタイムテーブルを備えた行動計画を提示しなければなりません。

続きを読みます

また読みます: 米軍は太陽光発電テキスタイルとプラスチックに興味を持っています

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *