英国とスウェーデンは、京都議定書の目標を達成するために軌道に乗っています


この記事を友達とシェア:

これはイタリアとスペインのためとは思えないながら英国とスウェーデンは、温室効果ガスのガス排出量削減を達成する可能性が京都議定書の国のヨーロッパで唯一加盟しているようです。

1997 155に日本で京都で締結された契約は、国が批准し、2月に発効されました。 署名欧州諸国は2012より8%低い温室効果ガスの排出量の1990総レベル(GHG)によって達成するために自分自身を約束しました。 この取り組みに続き、EUは15加盟国のうち、この目標の負担の分配をすることが必要と考えました。 この目標は(スペイン+ 21%)、何(フランス0%)または正(ドイツの-15%)、負になることはできません。 正の目標は、国がだけが一定のしきい値まで、現在の経済発展を与え1990に比べて温室効果ガスの排出量を増加させることが許可されていることを意味します。 締約国は、目標とコヒーレントエネルギー政策を開発する必要があります。 彼らは、これらの目標を達成できるようにする必要があります具体的な日程と各行動計画する必要があります。

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *