地球温暖化、フランス人の主な恐怖

火曜日に公開された排他的なCSA / Canal +世論調査によると、地球温暖化はフランスのテロに対する恐怖の中で最初に起こります。
火曜日に暗号化されたチャンネルで政治的期待の雑誌が発行された際に実施されたこの調査によると、フランス人の51%が何よりも地球温暖化への恐れを疑問視していました。
テロは、年金(43%)、疫病(28%)、食糧不安(19%)、遺伝子実験の将来に先立って、「潜在的な脅威」の問題について質問された人々の18%によって恐れられています(17%)と石油不足(9%)。
全国サンプルは、1.000歳以上の15人以上を表しており、地域別および集塊のカテゴリ別に階層化した後、割り当て方法(性別、年齢、職業)に従って選択されています。
今週火曜日の午後20時55分に始まるルース・エルクリーフによって発表された、バプテスマを受けた「もう明日です」、運河+の政治的期待の雑誌は、テーマとして、石油の不足、特に畑の枯渇とバレルの価格の高騰をテーマにしています。 。
この調査によると、質問された人々の37%は、経済界の責任者の29%、特に個人とその団体の28%に対して、政治界の責任者がこの問題に対してより良い答えを提供できると信じています。
石油がなくなった場合、質問された人々の66%が公共交通機関を利用する準備ができ、36%が道路上の車の速度を制限する準備ができ、29%が自宅の暖房を減らす準備ができます。
Canal +ショーは、社会党の初代書記であるフランソワ・ホランドによって招待されます。 セットには、経済大臣のエルベ・ゲイマード、E。レクレール流通センター協会の共同会長であるミシェル・エドゥアール・レクレール、ニコラス・ヒューロット自然財団の会長であるニコラス・ヒューロットも参加します。おとこ。
グウェンドリン・ハモンとヒッポリテ・ジラルドによる災害シナリオ型の予想映画「2013年、石油の終焉」が討論の前に行われます。

また読みます:  Sylvain David:2050年までにどのようなエネルギー源になりますか?

詳細はこちら。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *