地球温暖化、フランスの主な恐怖

この記事を友達とシェア:

地球温暖化は、火曜日にリリース排他的な調査CSA /カナル+、によると、前のテロのフランスの恐怖の最前線にあります。
有料チャンネル上の事前の政治雑誌の発売火曜日に行われた調査によると、フランスの回答者の51%は、全ての地球温暖化の上に恐れています。
テロリズムは、問題と年金(43%)、疫病(28%)、食品の不安(19%)、遺伝実験の未来への「潜在的な脅威」への回答者の18%によって懸念されます(17%)と油不足(9の%)。
国のサンプルでは、​​地域や町の大きさによって層別化した後、クォータ法(性別、年齢、職業)によって選択され、1.000 15より歳以上表します。
呼ばれる20H55テーマに火曜日開始ルースElkriefによって提示見越しカナル+ポリシー誌は、預金の枯渇や高騰原油価格などの油不足になります」未来は、今あります " 。
調査によると、回答者の37%が責任ある政治家が個人および特にそれらの団体に、この問題への経済的指導者と29の%に対して28%と良い答えを提供するのに優秀であると考えています。
オイルが欠落している場合は、回答者の66%が公共交通機関を取ることをいとわない、36%は道路や29は%少ない家を加熱する上で車の交通速度を制限することをいといません。
カナル+の発行はフランソワ・オランド、社会党の第一秘書に招待されます。 また、セット上に存在することになる:エルヴェ・ゲマール、経済産業大臣は、ミシェル・エドゥアール・ルクレール、自然とのための代理店E.ルクレールとニコラスHulot、ニコラスHulot財団の会長の協会の共同社長男。
「2013、オイルの終わり」、議論を先行するグウェンドリンハモンとイポリット・ジラルドと見越しての最悪のシナリオムービーのようなもの。

詳細はこちら。

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *