地球温暖化:ヴィルピンはギアを上げたい

ドミニク・ド・ビルパン氏は月曜日、政府は地球温暖化との闘いにおいて「ギアを上げる」つもりであると述べ、最初の「気候会議」を開いた。

首相は、フランスが温室効果ガス排出に関して京都議定書の下でなされた公約を維持できるようにするために、輸送と住宅の分野における一連の措置を詳述した。 これらの措置は、2004年にフランス政府によって採択された気候計画を補完するものです。

NouvelObsのWebサイトで詳細を読む

また読みます:  海洋が酸性になり生命を脅かすとき

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *