温暖化:大気中の二酸化炭素の増加の加速

ロンドンでの毎年恒例のグリーンピース会議の前夜に英国の報道機関が月曜日に明らかにした数字によると、大気中の二酸化炭素の存在の増加は、2001年から2003年の間に非常に心配そうに加速した。

GuardianとTheIndependentが発表した数字によると、大気中の二酸化炭素(主な温室効果ガス)の量が2万粒子あたりXNUMX粒子(ppm)を超えて増加したのはこれが初めてです。 )XNUMX年連続で毎年。

2001年から2002年の間に、371,02万粒子あたりの二酸化炭素粒子の数は373,10から2,08に増加しました(年間で375,64 ppmの増加)。 その後、2003年には再び2,54に上昇し、年間XNUMXppm増加しました。

これらのデータは、米国の研究者であるチャールズキーリングのサービスにより、1958からハワイのマウナロア山の頂上に記録されます。

また読みます:  チャンブリンプロセス:プレスレビュー

この研究者によると、それまでのわずか1973年(1988年、1994年、1998年、2年)にXNUMXppmを超える二酸化炭素濃度の上昇が見られ、そのたびにこの現象が顕著でした。エル・ニーニョ。

「大気中の二酸化炭素粒子の数が2年連続でXNUMXppm以上増加するのは新しい現象です」と、XNUMXつの英国の日刊紙が引用したCharlesKeelingは述べています。

今日74歳のアメリカ人研究者にとって最も心配なのは、このXNUMX年間はどちらもエルニーノ年ではなく、この増加を説明するデータがないことです。

チャールズ・キーリングによれば、この現象の説明のXNUMXつは、過剰な二酸化炭素を吸収する地球の能力の弱体化である可能性があります。「+二酸化炭素シンク+の弱体化+(編集者注:海と森)地球温暖化に関連し、気候変動への対応から生じる」。

また読みます:  Econologie.com:今月のブログ

ガーディアン紙によると、これらの数字は、英国のトニー・ブレア首相、デイビッド・キングの科学顧問が出席して、毎年恒例のグリーンピース会議で議論されます。

ソース: AFP 11 年 10 月 2004 日

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *