水素製造のための「2 1」反応炉


この記事を友達とシェア:

アイダホ国立工学環境研究所(INEEL)とCerametec会社(ユタ州)の研究者は、彼らが高温電気分解(HTE)これまでに報告された最高で実験的に水素の生成速度を得られたと発表しました。 この有望なプロセスは、電流を印加することによって水を水素と酸素に分解するが、その収率に依存するエネルギーの供給を必要とし、したがってその関心を必要とする。 例えば石炭プラントによって供給低温電解の場合には、エネルギーコストは、最終エネルギー出力よりも3〜4倍です。 一方EHTため、収率は、それが高温原子炉(HTR)に結合されている場合は特に、50%に増加させることができます。 研究者のアイデアは、最終的にはおよそ1000℃の温度で冷媒ガス(この場合はヘリウムを)持ってこのようなユニットを構築することです 加熱されたガスは、電気を発生するタービンを回すか、または電気分解に使用する水を800°Cにもたらすかの2つの方法で使用されます。 到着時、「2 1の」反応器が選択300は、電力グリッドへの電力のメガワットまたは秒当たりの水素の2,5キロを生成することができます。 問題は、従来の技術でさえ、高温の熱伝達プラントの制御が依然として限られていることである。 CerametecとINEELは現在、2,6万ドルのプロジェクトを通じてデバイスの実現可能性をテストしようとしています。 商業規模の試作品は、2017のエネルギー省(DOE)が期待しています。

ソース: ニューヨーク・タイムズ28 / 11 / 04


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *