5人のフランス人のうち4人が、よりきれいな車の購入にもっとお金をかけたい

「Dimanche Ouest-France」が発行したIFOP調査によると、フランス人5人に4人以上(83%)が、より消費量が少なく、汚染の少ない自動車を購入するために、より多くを費やしています。

この調査によると、フランス人の42%が、「確実に」より多く消費して、よりクリーンで消費者の少ない車を買う用意ができています。 彼らは、この選択を行う可能性が「おそらく」あると答える41%です。

さらに、回答者の88%は、燃料消費を削減するためにバイオ燃料を採用する準備ができていると答えています。 69%は電気とガソリンで走行するハイブリッド車の使用を検討しており、65%は赤信号でエンジンを自動的に停止する「スタート/ストップ」システムを使用できます。

さらに、フランス人のほぼ35分の65(29%)は、燃料価格の上昇により、27%がこのアイテムの費用を維持していても、すでに余暇費用を削減することを決定しています。 衣料予算を削減したのは18%、家電製品の購入にXNUMX%、食料にXNUMX%です。

また読みます: 気候を保存するために10年?

このIFOP調査は、7月8日と956日に電話で行われ、18歳以上のフランスの人口を代表するXNUMX人のサンプルが割り当て方法に従って行われました。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *