クリーナー車を買うために多くを費やすことをいとわフランスの5のうち4


この記事を友達とシェア:

5フレンチ(83%)のうちつ以上は「Dimancheウエスト・フランス」によって公開されIFOPの世論調査によると、少なくと汚染の少ない消費車を買うために多くを費やすことをいといません。

この調査によると、フランス人の42%は、よりクリーンで消費者の少ない車を購入するために、より多くの費用を払うことを「確かに」喜んでいます。 彼らは41%であり、彼らが「おそらく」その選択をする準備ができていると答えています。

さらに、回答者の88%は、燃料消費量を削減するためにバイオ燃料を採用する準備が整っていると答えています。 彼らは、システムを使用して自動的に赤信号でエンジンを切り、「ストップを開始する」ことができ、電気やガソリンと69%によって給電ハイブリッド車両の使用を考慮すること%を65。

また、フランスのほぼ3分(35%)がすでに65%がこの位置のための彼らの支出を維持しているが、原因で燃料価格の高騰へのレジャー支出を削減することにしました。 彼らは29%は自分の服の予算、彼らの家庭の購入や彼らの食糧費の支出27の%の18の%が減少しています。

IFOPの世論調査は、クォータの方法により、オーバー7の歳のフランスの人口の8の人々を代表するサンプルと電話と956 18 10月までに実施しました。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *