ルノースポーツが水を注入したとき...

1983年、ルノースポーツはターボチャージドフォーミュラ1に初めて水を注入しました。

これにより、ブースト圧力を上げることでエンジンの出力を上げることができました(50年間で+ 4%)。 確かに、この圧力は、以前は水注入が減少するという破壊的なノッキング現象によって制限されていました。

ルノースポーツによる水注入

また読みます:  3のPantoneエンジンに関するNational FR2005レポート:ビデオ

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *