京都議定書:プレスレビュー


この記事を友達とシェア:

水曜日に京都議定書の適用に続いて、2月16 2005、主フランスのメディアは、京都議定書に関連して、実際の潮のメディア潮を作成しました。 または情報を除き、これらの記事から何も新しい意志スプリングを繰り返し聞いて、再度聞きました。

したがって、その記事へ 永久偽善、石油や資源枯渇に基づいて経済を保護するために。

油、gazieurだけでなく、すべての世界政府を:石油とその弟の天然ガスが最大の気候災いだけでなく、それらを利用する人のため存在しなかった最大の金融鬣です。

確かに油のバレルの生産コストは税金を言及しないように、$ 4と20 $の間にあります。

このページの詳細: 油の実質価格

なぜ、これらの記事のいずれもが、彼はéconologiquesの選択肢について話しませんか?


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *