京都議定書:プレスレビュー

16年2005月XNUMX日水曜日に京都議定書が適用された後、フランスの主要メディアは、京都議定書に関して実際のメディアの津波を生み出しました。 しかし、何度も何度も聞いたり聞いたりした情報でなければ、これらの記事から新しいものは何も現れません。

非常に多くの記事、 恒久的な偽善、石油と資源の枯渇に基づいて経済を保護することを目的としています。

石油とその弟の天然ガスは、最大の気候の惨劇であるだけでなく、それらを悪用する人々、つまり石油とガスだけでなく、世界のすべての政府にとってこれまで存在しなかった最大の財政的策略でもあります。

実際、4バレルの石油を生産するコストは、税金は言うまでもなく、20ドルから​​XNUMXドルの間で変動します。

このページの詳細: 原油価格

なぜこれらの記事のどれも環境に優しい代替案について話さないのですか?

また読みます:  メタンハイドレート

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *