京都議定書は、米国ずに発効します


この記事を友達とシェア:

国際社会水曜日は5,2によって工業国で2012%を温室効果ガスの排出量を削減することを目的とした京都議定書の発効を迎えました。

主な式典がこの条約は、2月16 1997に調印された京都、日本のかつての帝国の首都で、少なくともで、開催されます。

京都議定書は、先進141 30含め国によって批准された後、水曜日に有効になります。

水曜日に京都で開催された第3回締約国会議の際に採択される、気候変動枠組条約の一部となる予定です。

式典には、一緒に会議のメンバーや国際社会からのいくつかの個性をもたらすでしょう。

これらは、環境ケニアのワンガリ・マータイ、国連気候変動枠組条約、オランダのJoke Waller-ハンターとの日本の大臣の事務局長のためのノーベル平和賞2004と国務長官が含まれます環境小池百合子。

「これは日本にとって非常に重要な出来事である」と環境省の世界環境部長大村隆は、「リーダーシップの役割」を果たすことを意図した列島をAFPに伝えた。環境の保全に。

国連のコフィ・アナンと欧州委員会委員長、ジョゼ・マヌエル・バローゾドゥラウンの事務局長のビデオメッセージも転送されます。

NGOは、世界中のいくつかの活動に参加します。

このように、気候行動ネットワーク(RAC)は、340環境NGOを含む、このような条約を批准した国のリスボン大使館での自転車ツアー、または近くに膨張可能なバルーンの展開としてイベントをマークするには、いくつかのイベントを、発表しましたベルリン帝国議会、パリの自由の女神にメッセージ「京都2005、私たちと一緒に! 合衆国をはじめ、条約を批准していない国々へ。

デモンストレーションやNGOの記者会見にはモスクワや東京の、または米国大使館の前にローマで開催されます。

契約は、地球温暖化を低減するために、それらは2008-2012によって6化学物質の排出量を削減プロトコル国を求めます。

これは、CH2(メタン)、亜酸化窒素(N60)と3つのフッ素化ガス(HFC類、PFC類の国別の総排出量の80 4%であるCO20(二酸化炭素または二酸化炭素)であります、SF6)。



大村氏は、「日本は議定書のルールに徹底するよう努力する」と述べた。

契約に基づき、日本はしかし、日本の産業界にとっての課題である6のレベルから1990%のその排出量を削減しなければなりません。

「日本が議定書の規則を遵守することは容易ではなく、克服することもできない。 大村氏は、気候変動の専門家が問題に取り組んでいると付け加えた。

日本経済省は、現在、強力な日本企業が景気回復が危ぶまれるのを恐れて反対する「公害防止税」の望ましさを検証しています。

オーストラリアと米国はまた、それらの産業が環境協定の制約を受け、その集団の生き方が脅かされることを恐れて、プロトコルに反対しました。

大村氏は、「京都議定書の署名国だけが儀式に出席するが、一般に公開される」と述べ、京都での米国代表の存在の可能性について疑問を呈した。

ソース:AFP

京都議定書についての詳細を読みます

奨学金CO2


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *