パントンプロセス:開発

フランス語を話すメディアにいくつかの記事が掲載され、プロセスのフランス語を話す前兆のXNUMXつとなった後、このプロセスに関する小さな更新を行いたいと思います。

知的財産保護

水ドーピングの場合、論理的に、「パントン」プロセスについて話すのは誤りです。 Pantoneの特許はそれについて言及していないだけでなく、さらに、私がPantoneに直接話したとき、後者はこのアセンブリが「機能しない」と主張しています。 それにもかかわらず、彼の特許の一部である「リアクター」が使用されていますが、私の知る限り、このリアクターで古典的な改質以外に何か特別なことが起こっているかどうかを誰も言うことができません(したがって、炭化水素の水のひび割れの)…あらゆる種類の仮説が軍団であるとしても!

続きを読みます...

また読みます:  オンライン化:風力発電とエネルギー貯蔵

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *