ジャン・ピエール・プティから見パントンプロセス


この記事を友達とシェア:

メディア研究者(略してJPP)ジャン=ピエール・プチは、最終的にエンジンクレードルパントンに対処しています。
それは、この革命的なプロセスに新たな光を投げかけて、新しい名前を提案している新しいトピックをstudy-いつも-whenアドレスとして彼を記述するために:「触媒システムの電気力学」を

「夫婦は、私たちは1日、強力な火力発電所のそれは超簡単なガジェットのお尻ですでしょうか? 私は「十分な長さ、それを見るために生きるしたいと思います

...そして、私たちはやります!

http://www.jp-petit.com/

econologyの注記:「Pentone」というスタイルのいくつかの不具合は、この記事を少し「染み込ませる」ことが残念である。 我々はまたwww.econologie.comへのリンクの欠如を後悔する


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *