現在のエネルギー問題

エネルギーは大気汚染の大部分を占めるため、この点を無視しないようにする必要があります。これは多くの「環境保護論者」がそうしているようです。

石油などの化石燃料を燃焼させることで、火を発見したホモサピエンスと同じ形のエネルギーを使用し、何千年もの間貯蔵されていた炭素を大気中に放出します。 化石燃料の燃焼と使用は、これらのエネルギーが素晴らしい用途を可能にするとしても、木材の燃焼と比較してほんの小さな進化です。

エコロジーは進歩に反対するのではなく、無駄と現在の誤った管理が巨大で容認できない社会的不平等を生み出すことに反対していることを思い出します。 (現在の戦争の80%はエネルギー資源の管理のための紛争です)

そこで、私たちは自分自身に質問をします。

-エネルギーの分野で何千もの発明(発明の特許に関するセクションを参照)が、科学界や業界によって純粋かつ単純に無視されたのはなぜですか?

また読みます:  グローバルgeoengineering

-なぜ誰もが有名なウォーターエンジンについて聞いたことがありますが、それが機能するのを見た人はほとんどいませんか?

-なぜエネルギーの分野の独立した発明者はすべて台無しになり、多かれ少なかれ時期尚早に死ぬのですか? (フランスの例はたくさんあります:Jean Luc Perrier、Edgar Nazar…)

確かに、一部の発明者は貪欲で世界を欺いていますが、この行動を一般化することは不正です。

次のとおり 石油の使用とその結果

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *