石油の価格は再び政府を心配する

熱はまだ石油市場で治まっていません。 71,62月17日月曜日のロンドンでの電子交換中に72ドルに達した後、北海からのブレントのバレルは火曜日の朝にこの記録を破り、最初の交換中に70,88ドルに達しました。 ニューヨークでは、価格も非常に高いままでした。火曜日の軽い甘い原油は30ドルに上昇しました。これは、ハリケーンカトリーナがメキシコ湾を壊滅的に通過した2005年70,85月XNUMX日よりも高くなっています。セッションでバレルをXNUMXドルに推進しました。

この動きは、フランス政府を心配しているポンプの価格の上昇につながりました。 経済大臣は火曜日、フランス・インターで、石油製品(TIPP)の内税の引き下げは「役に立たない」と述べて除外した。 しかし、ティエリー・ブレトンは、「ポンプでの価格の不規則な動き」が発生した場合、「影響がスムーズに行われるように、バーシーで石油事業者を再び集める」ことを除外しなかったことを再確認しました。 Totalが2005年XNUMX月にコミットしたように。

また読みます:  Bonnes産のfêtes


続きを読みます

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *