プリウスは法廷に行きます!

トヨタのハイブリッドシナジードライブ(HSD)は、生態学者が世界中で楽しんでいる素晴らしい技術的成果ですが、トヨタのオリジナルの発明ですか?

知的財産はタブーの主題です。 Microsoftの最初のオペレーティングシステムは教科書のケースであるため、Microsoftによって作成されたものではないことを私たちは知っています。 しかし、トヨタプリウスの第1997世代(400年)の送信がトヨタによって発明されたのではなく、サプライヤーのアイシンによって発明されたことを知っている人はほとんどいません。トヨタが株主であることは事実です。 現在のケースは、PriusIIおよびLexusRX0414782hのHSD伝送の一部に関係しており、欧州企業Antonov-Transmissionが特許番号EPXNUMXで特許を取得した技術を使用します。

続きを読みます

また読みます:  あなたはEconologie.comを発見? このページがお手伝いします。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *