・プレス新聞autoplus


この記事を友達とシェア:

895erの週刊オートプラス1 2005 11月号に掲載された記事

はじめに



このボックスは、市場に投入された燃料のさまざまな「エコノマイザ」をテストする、より包括的な記事の一部です。


記事

Autoplusモーターパントンにおける物品の抽出物は、このページで提供されています

あなたは、記事全文を読みたいので、あなたはそこにautoplus.frを見つけるために、アーカイブに相談する必要がある場合 数895. このためには、ここをクリックしてください.

次のようにこの項目の私達の検討は、次のとおりです。 「水のドーピングだけが消費に良い結果をもたらし、他のエコノマイザは単純に「偽」であるが、テストでは汚染が減速していることに気付いた(おそらく、アセンブリの非最適化)

分析と討論

からの抜粋 forum 議論

  • 結論は少し面白いです: "水エンジン...それは汚染され..."

    いずれにしても、テストは「アマチュア」建築で行われました...ビルダーによって作られた「本当の」原型での結果を想像してみてください.... ?

    さらに我々は、このような結果が注入ことは驚くべきことではないスローモーション(反応器内のバブラと最低温度の最大吸込)に行われた場合、テストプロトコルは...クリーンのために続くかわかりません...エンジン内の大量の水はcombustion..Bienに反して賛成しません。

  • エコノロジーが言ったように、車のエンジンが熟成しており、それはおそらく、パントンなし(どうやって?)未燃拒否する。
    また、試験汚染は、パフォーマンスパントンを促進しない、実際に静的なおそらくアイドルであります..
  • 異なる燃料economisersこの記事の他のページでは、唯一のPantone反応器はリール利得を提供することに注意してください。 8,9Lの代わりに10,7Lは、他の人が(ionniseur)、最良の場合(添加物)で悪化のため+ 1 100リットルを何も持っていない、まだ美しいです
  • 非常に良い記事。

    まだ良い結果とオートプラスすることによって試験アマチュアインストールを見て、超満足です。 驚くべき、未燃のため。 非エンジン最適化の中で、残りは予想されることになりました。

  • より多くを学び、議論に参加します。

    この記事についての議論に参加(またはすでに述べたことについて話し合う)するには こちらをクリック.


    Facebookのコメント

    コメントを残します

    あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *