なぜソーラー?


この記事を友達とシェア:

リノベーションと家の暖房100%の電気ソーラー温水ハウス、木製ロレーヌの変換

Voici un témoignage et reportage photo par le propriétaire d’une maison solaire-bois. Ce propriétaire est Jean Gireaudot que vous pouvez « rencontrer » sur 私たちのフォーラム ニックネームtigrou_838下。

あなたが希望する場合にも、私たちのフォーラムで独自のソーラー設置を提出することができます。

そこにある北部で、これまでそう幸いにも日の先入観によれば、現実はかなり異なっているので...この家は、バースRentgenロレーヌに位置しています

太陽と木の家

なぜ私は太陽エネルギーを選んだの?

3年前に私の太陽の改修を開始する前に、私は単純に家庭用温水のための専門家には2つの引用符を尋ねました。

最初の引用符は4500eurosたと二つのセンサのための第二の引用5000aurosはすべてに4m2であり、バルーンと油圧アクセサリー。

㎡当たり1000€のTTCよりも短い以上で、私は自分のビルドでそれを行うことを決めました APPER これは、私はまた、低温加熱用のソーラーブースターを置くことができました。 簡単な2は投石します!

補助金のトラップ...

補助金の前に私に1200ユーロの費用がかかり、電気バルーン上シリーズの私のお湯のインストールと自己ビルド。 確かに、 作品自体は補助金を受けていない行って(:それは何をするお金を節約するだろうし、正当な理由のために)。

しかし、最終的には、あっても政府の補助金やロレーヌ領域と、これは私がまだプロを雇うために、より高価な費用がかかるだろう。

私は、補助金が人為的に良いことではありません太陽のインストールの価格を膨らませる傾向があると思います。 言い換えればプレミアムが持続的な発展にはなく、インストーラのポケットに行くのではありません。

太陽熱は、すべてのレベルで得られます。

私は自己建設に行ったようにすべてのベストは、私は小さな個人的な最適化を行うことができます。 例えば; 私は60°Cに入ってくる太陽熱温水器に直接食器洗い機を差し込まれ、洗濯機は、温度調整弁とC°太陽熱温水35が供給されています。

しかし、家の2の最大の消費者のためのエネルギー節約は、これらのデバイスの抵抗値と、もはや何に加熱する必要があります。

そして、このすべてで収益性? それははるかに小さいと補助金がなければ得です...説明

多くの人々は太陽が経済デマだと思い、それは我々が頻繁に見られるような高価な機器を購入することで、真のだが、それはスマートな技術選択を行う際に間違っていると特にの罠に分類されません補助金。

私が言ったように、これはあまりにも成長していること、太陽エネルギーを確保するために、政府や他の場所で保険料の彼らのシステム...によって希望されない場合、物価上昇の保険料のシステムと私は疑問に思います高速...



何とかの休戦、私はちょうど私のセットアップのROI再少し計算しました:

a)1種衛生太陽償却:2年。
b)は太陽床暖房や木材償却:4年

2これらの計算を考慮して行きました。

a)は、作品のコスト:床暖房、ストーブ、タンク、太陽電池パネル、ポンプ、プローブ、パイプ、断熱材、床暖房の特別なパッチ適用の購入、および他の様々な費用+は、現在のエネルギーを要します。

b)の作業の前に、家の年間エネルギーコスト:2時間の計で、すべての電気家の電気の現在の価格と現在の木材の価格。

私は、私の友人や私の家族によって指示されるように明らかに労働がカウントされませんでした。

詳細については、木材の消費電力最初の2年間、そして今10 6立方メートル太陽熱を加えて立方メートル。

太陽の挨拶。

次のとおりです。 写真と家庭の条件購入し、初期の作品 またはトピックのジャン・フォーラムとチャット 熱緩衝自家製とロレーヌのソーラー工場


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *