米国での微粒子汚染

1999年から2003年の間に、米国では空中浮遊粒子のレベルが減少しました。直径10ミクロン(PM2,5)未満の微粒子の場合は2,5%減少し、健康に最も危険です。 -7ミクロン(PM10)未満の場合は10%。
今週、領土全体の粒子汚染の目録を発表している環境保護庁(EPA)の見積もりによると、25年以上で、これらの削減は30%に達することさえあります(http://www.epa.gov/airtrends/).

しかし、全体的な傾向がポジティブである場合、地域の状況は非常に変動しやすいように見えます。 たとえばカリフォルニア州のロサンゼルス地域は、大幅な進歩にもかかわらず、国内で最も汚染されたままです。 北東部にいる間、PM2,5レベルは自動車および産業排出物のために増加しました。 EPAによると、南東部と中西部で観察された改善は、主に、33年から1990年の間に発電所からの二酸化硫黄排出量を2003%削減したAcidRainプログラムの結果です。

また読みます:  南極半島の氷河が衰退する

 当局はまた、微粒子の基準を指定するクリーンエア非道路ディーゼル規則の適用、およびクリーンエア州間規則の最終化がこれまでに得られた結果を強化することを期待している。 一方、生態学的運動は、政府の報告を歓迎する一方で、特にエネルギー部門において、より厳しい規則の採用が繰り返し遅れていることを非難している。

LAT 15 / 12 / 04(米国のレジスターは微粒子汚染のレベルを落とします) http://www.latimes.com/

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *