米国で減少し、微粒子汚染

この記事を友達とシェア:

1999と2003の間、空気中の浮遊粒子のレベルは、米国で減少している:10%未満2,5ミクロンの微粒子のための直径(PM2,5)に - ほとんどの健康に危険な - と7未満10ミクロン(PM10)とのそれらのため%。
25年には、これらの減少はあっても(領土を横断今週の微粒子汚染の目録を発行している、環境保護庁(EPA)の推計によると、30の%に達しますhttp://www.epa.gov/airtrends/).

全体的な傾向が正の場合でも、地元の状況は非常に可変表示されます。 ロサンゼルス地域は、例えば、カリフォルニア州は大きな進歩にもかかわらず、国内で最も汚染されたままです。 北東部の間に、PM2,5率が原因で自動車や産業排出に増加しています。 EPAによると、東南アジアや中西部で述べた改善は、発電所からの二酸化硫黄の排出量に33 1990と2003%に減少した果実の大部分は酸性雨プログラムであろう。

代理店はまた、微粒子の基準を指定して、クリーンエアディーゼルルールNonroadの実装ことを期待している、とクリーンエアインターステート・ルールのファイナライズは、これまでの結果を強化していきます。 環境運動一方、特にエネルギー分野では、厳格なルールの採用で繰り返さ遅れを非難し、政府の報告書を歓迎しています。

LAT 15 / 12 / 04(米国は微粒子汚染のレベルの低下を登録します) http://www.latimes.com/

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *