ルノーの燃料電池


この記事を友達とシェア:

16 13月からリヨンで開催された世界会議16eの水素エネルギーの機会に、ルノーは、燃料電池への研究の進展を示しました。 改質装置を備えた車両用燃料電池:提示要素が自動車に適用されるルノー水素材料による方法の例示です。 「改質油「水素リッチなガス、液体燃料を変換後者は、ディーゼルまたはエタノールなどのガソリンと同様に動作します。

改質装置は、車両に直接水素を生成し、高圧貯蔵の問題を取り除きます。 日産とのアライアンスやヌベラ燃料電池との提携の一環として、ルノー2002のために働いてきたこのソリューションは、また水素流通ネットワークの実装の期間を排除します。 これは、直接排出CO2の問題に対処しようとすることができない、現実的な選択肢を表します。


ソース


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *