CO2トラップ:アスベスト鉱山の残留物は地球温暖化と戦うために使用される可能性があります

ケベック南部のテーリングパークは、1,8世紀の間、2万トン近くの大気中の二酸化炭素(COXNUMX)を自然に隔離していたでしょう。 そして、この数字は、ケベックのラバル大学の地質学および地質工学部で実施された研究によると、このセクターによって提供される総隔離の可能性のほんの一部を表しています。

Beaudoin教授は、京都議定書の目的を追求するために、CO2排出量の削減とエネルギー消費の削減を補完するものとして、数年間、炭素隔離を支持するキャンペーンを行ってきました。 ケベックでは、この2番目のルートは、クリソタイル(アスベスト)の搾取からの残留物を通過する可能性があります。 実際、これらの残留物に含まれるマグネシウムは、大気中のCO2と自然に反応して、ハイドロマグネサイトと呼ばれる鉱石を形成し、CO2は永久に固定化されます。 この反応により、アスベストとエストリー地域(ケベックの南東)の景観を損なう鉱業残留物のケースを解決しながら、大気中のCOXNUMXの量を減らすことが可能になります。

また読みます:  不都合な真実:地球温暖化の映画?

コンタクト:
beaudoin@ggl.ulaval.ca
出典:Jean Hamann-イベントを通じて、28年04月2005日-Universite Laval
-http://www.scom.ulaval.ca/Au.fil.des.evenements/2005/04.28/fiola.html
編集者:Nicolas Vaslier MONTREAL、nicolas.vaslier @ diplomatie.gouv.fr

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *