オイル:評価委員会

原油価格の上昇による追加のVATおよびTIPP収益の評価を担当する透明性委員会が発足しました。

Thierry Bretonは9月6火曜日に、将来の石油課税に関する透明性委員会は7人のメンバーで構成され、Bruno Durieuxが議長を務めることを発表しました。

記者発表で、経済財務大臣と予算担当のジャン・フランソワ・コペは、この委員会を「今後数日のうちに」設立し、議会の2006年予算の審査開始前の評価」。

当該委員会は、原油価格の上昇に関連するVATおよびTIPP(石油製品に対する内部税)からの追加収益の金額を評価する責任を負います。

続きを読みます

経済学のメモ:はい...高価な石油が米国と石油会社を豊かにしました...そして、価格が高いままであれば、ガスと電気技師は結果として価格を急速に引き上げます...

また読みます: 雑誌アクションオートモトでパントン

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *