ピークオイル

「ピークオイル」、XNUMX世紀の時限爆弾

では、ピークオイルはいつ来るのでしょうか? 埋蔵量が不足しているために世界の石油生産が減少するこの瞬間が到来しますが、速度はまだ不明です。「正確に答えることは不可能です」と、Aspo協会のメンバーのXNUMX人であるJeanLaherrèreは認めています(記事)、これは政府と主要な石油グループの過大評価を非難します。

「ピークオイルはすでに進行中である可能性があります。 Aspo内では、このXNUMX年間に何らかの形で介入する可能性が高いと私たちは考えています、とTotalグループのプロスペクティングテクニックのディレクターを長年務めていたLaherrèreは先に進む前に言います。引退する。 埋蔵量のあいまいさが巧みに維持されていることを考えると、石油価格が体系的に上昇し始めるまで、それが起こったとは本当に確信できません(...)それまでに私たちは知っていると信じています石油生産の曲線が取り返しのつかないほど落ち始める前に、でこぼこの高原のように見えるXNUMX年。 「」

より良い秋に戻る
石油業界では、ピークオイルに関する唯一のコンセンサスは、すでにそれを超えている生産地域、つまり米国(XNUMX年代以降)、カナダ、ベネズエラ、北海に関するものです。

また読みます:  CITEPA:フランスの部門ごとの大気汚染

問題は、公式のシナリオのいずれもピークオイルを明示的に示していないことです。 中東の主要な生産国(サウジアラビア、イラク、アラブ首長国連邦など)は、約XNUMX年間は独自のピークに達するべきではありません。 したがって、他の産油地域の衰退を補うために、それらがより多くを生産することで十分であろう。

「主要な石油グループのCEOとホワイトハウスによって行われたこの推論は、複数の点で危険です」とジャン・ラヘレールは述べています。 米国エネルギー省は最近、今後数十年間の世界の石油生産の年間成長率が2%であることを示すチャートを発表しました。 この仮説では、ピークオイルは2037年以前には現れません。しかし、その後、年間-10%の割合で、生産が突然崩壊します。

「この未来の見方は、未来の世代に対する犯罪です」とラヘレレは嘆きます。 フランスの地質学者は次のように続けています。「もちろん、世界の生産量を年間1〜2%増やすことで、短期的には今後も考え続けることができます。 しかし、期限を延長するために抽出率を上げるほど、ピーク後のオイルショックはさらに壊滅的なものになります! 「」

また読みます:  温室効果汚染

「究極の」リザーブ
Aspoは、石油産業によって開発された議論に異議を唱えています。それによれば、技術により、これまで取り残されていた石油備蓄を(ポーランド人と海底で)すぐに使用できるようになります。 Aspoの創設者であるColinCampbell博士は、次のように説明しています。「バレルあたりの価格を大幅に引き上げずに、これらのいわゆる「究極の」埋蔵量を求めることはできません。 ピークオイルはオイルの終わりではありません。 安い従来のオイルの終わりです。 しかし、ニュアンスはそれほど変わりません。経済的影響はそれほど恐ろしいものではありません。 「」

輸送に関しては、現在の状況は非常にデリケートです。 OECDによると、世界の車両交通の96%以上が依然として炭化水素で走行しています。

集中的な農業にとって、脅威はさらに深刻になる可能性があります。 Aspoのテキストでは、世界人口の爆発と合成炭化水素ベースの肥料の使用の拡大との間の関連についての言及が定期的に繰り返されています。 「農業は石油を食品に変える分野になりました」とLaherrèreは回想します。 石油のピーク後、石油価格は容赦なく上昇すると予想されます。

また読みます:  ダウンロード:FR3のエリックローラン、石油タンカーは領主(戦争)

化学肥料の「グリーン革命」は、XNUMX世紀に世界の人口をXNUMX倍にした要因のXNUMXつです。 人口統計が集中的な農業に基づいているすべての国(先進国と多数の発展途上国)は、石油価格の長期的で不可逆的な上昇について懸念するいくつかの原因があります。

アスポによれば、主要な地政学的バランスは、エネルギーと経済の危機によって混乱する可能性もあり、ピークオイルを引き継ぐはずです。 2003年にBPが発表した数字によると、中東の国々は世界の「実証済み」の石油埋蔵量の65,4%を持っています(25%はサウジアラビアだけに行きます)。 世界市場での彼らのシェアはすでに28%です。 Aspoによると、40年以内にXNUMX%を超える可能性があります。 第二次湾岸戦争は、いつの日か「第二」に過ぎないことが判明する可能性があります。

マシュー・オーザンヌ

Aspoのウェブサイト:
HTTP://www.peakoil.net

エネルギーの行き詰まり、書類(Transfert.net):
HTTP://www.transfert.net/d51

OilCrisis.com:
HTTP://www.oilcrisis.com/

フランス石油協会:
http://www.ifpenergiesnouvelles.fr/

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *