言葉、言葉、言葉:まだ言葉は常に言葉

実際、Ademeが最新のキャンペーンを開始したのはこの空気です。 エネルギー節約。 さあ、暑くなります!

ただし、この生物に関する私の見解をよりよく理解するには、少し後退する必要があります。

11年2001月30日に、私はENSAISでほぼXNUMX人の人々の前で、Pantoneプロセスに関する研究終了プロジェクトをサポートしました(研究終了プロジェクトの単純な防御を除く)。 この作業の結論(その大部分はこのサイトで入手可能)は、特に汚染除去に関して、多くの有望な側面が追加の研究を必要としたということでした。 明らかにパントン氏の主張の多くは確認できなかった(まだ確認できていない)が、多くの側面はさらなる研究を必要とした。

コースの延長中に明らかに準備ができていた研究。 情報のために、 アンヴァル はプロジェクトのパートナーでしたが、個人のプロジェクトをサポートすることはできませんでした。会社、公共施設、または協会は支援を要請する必要がありました。 しかし、私は卒業生だったので、もはやENSAISに「属していません」。 したがって、私は個人個人でした…ANVAR助成金の資格を得ることができませんでした。

また読みます: KWM SPM Wood Stirling Module、商品化の可能性はほとんどありません

そのため、4週間後、ADEMEに連絡して従うべきパスを尋ね、プロジェクトの概要(このサイトでも入手可能)に参加しました。 私が受け取った唯一の回答は、XNUMXか月後に指定しましたが、受領の確認であり、引用します。「お客様のリクエストを受け取り、トランスポートサービスに転送しました。 彼らはあなたに連絡しましたか? "
答えは明らかにノーだったので、私は彼らにこのプロジェクトを開発するために従うべき手順を再度尋ねることによってこのメールに返信することを急いだ。 このメールへの返信を待っています! これらのイベントは2月の2002からのもので、すべてのメールは私の誠意の証拠として保管されています。

また、ADEMEを証明するFAXのコピーを同封します。 この研究は承知していますが、少なくとも明らかに、彼らを助けるために(私に関しては)何もしていません!

Ademeファックスのコピーを見る

また読みます: パントン:ボイラー組立に関する予備研究

結論として、私は言うでしょう:あなた自身の意見を述べるのはあなた次第です。 私は、このシステム(およびその派生物)を理解して改善するために作業できることを望んでいましたが、この国ではこれは不可能だと思われます。 このすべてが恒久的な偽善で...

それでは、私たちの国の研究の自由はどこにあるのでしょうか?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *