オタワは、京都議定書で温室効果ガス削減目標を欠場します

この記事を友達とシェア:

カナダはおそらく京都議定書に設立はるかにその目的を欠場する、木曜日は天然資源省は、初めて認めました。

同省は、カナダが約束の3分の2を満たすことすらできれば驚くべきジョージアンダーソン次官補の声明を確認した。 アンダーソン氏は3ヶ月ほど前にオーストラリアでの会議で疑念を表明していました。 彼の演説はカナダの報道機関からは一度も報告されていなかったが、ワシントンの貿易誌「エネルギー・デイリー(Energy Daily)」によって取り上げられた。 天然資源省のスポークスマン、ギスレーン・チャロン(Ghyslain Charron)は、「カナダは他の多くの国と同様、大きな課題に直面しているため、副大臣の発言は現在の状況と一貫している」と述べた。

Charron氏は、政府は「国際社会、産業、様々なレベルの政府、地域社会、そしてすべてのカナダ人が温室効果ガス(GHG)排出量を削減し続ける」ことを政府が意図していると付け加えた。 環境シンクタンクのPembina InstituteのMatthew Bramleyによると、自主的措置の採択に基づく政府の戦略は機能しないことは明らかである。
日本に京都で180に再会した1997国の代表は5,2のレベルから、2008と2012間の6ガス1990温室パーセントの削減に合意されました。 カナダは6%の削減に個人的にコミットされました。 しかし、実際には、これらのガスの排出量は20以来、カナダで1990%増加しています。
すべてにもかかわらず、M・ブラムリー M.アンダーソンの宣言を祝福、とさえすることを正直に認め聞いて「さわやか」発見された「カナダは京都のその目標を達成するために十分にやっていませんが。」

政府がその目標を達成するために苦労している場合、彼は結合法案の採択のための政治的な価格を支払うことを恐れているので、彼によると、それはあります。

出典:カナダの出版物、02 / 12 / 2004
エディタ:マリアンヌランスロット、オタワ、
st-cafr@ambafrance-ca.org

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *