核と哲学

この記事は、フランスの原子力政策と原子力エネルギーに関するものです。

キーワード:原子力、エネルギー、電気、政治、電力、廃棄物、エリックスフレ

原子力発電所

核を議論するために心に留めておく必要があるものはここにあります。

あなたが見るように、私は少し変更し、私の立場を明確にしました:

-まず第一に、私は「核耐性」であることによって、原子力に関する議論を再開できるのは私だけだと気づきました。 プロはプロの立場を模索します。 短所は自分の立場に反し、似顔絵もしています。 これらのキャンプのいずれかに参加している場合、客観的な議論をすることは困難です。 ですから、あなたが始める議論の前に、あなたはその議論を克服し、主人公に耳を傾け、モデレートするように招かなければならないことが私にとって重要であると思われます。 私の意見では、哲学の先生を喜ばせる前提条件があります。

-それから、原子力について、特にそのリスクについて話すとき、それを温室効果で実行するリスクと比較すべきです。 核廃棄物(閉じ込められた、農業および化学または石油化学で毎日使用する他の化学物質と比較して比較的少ないトン数)と廃棄物の危険性を比較することは絶対に必須です:今日私たちが閉じ込めていない二酸化炭素は、大自然の世話に任されています。

-気候問題、特に原子力は世界の電力の7%(および消費される総エネルギーの3%未満)を生産するという反論者の議論に関してそれは温室効果の解決策にはなりません。 実際、あなたが理解しなければならないことは、電気の80%が化石燃料から生成されることであり、大まかに言えば、2から4分の30に削減しなければならないということです(他のセクターの進化と人口統計)化石ベースの電力の割合。 これは、既存の原子力シェアを減少または増加させることなく、生成される電力のおそらく40〜XNUMX%まで原子力シェアを増加させる必要があることを意味します。 残りは再生可能エネルギーと化石燃料の数パーセントから生成されます。

確かに、今日の原子力エネルギーはわずかですが、気候変動との闘いを他の何よりも上に置いた場合、そうなる可能性は低いでしょう。

-しかし、私たちは至福の核主義に陥ってはいけません。 「核の力は天使にとってエネルギーだ」と言うヒューバート・リーブスの考えはとても気に入っています。 つまり、男性は軽視できないわけではないので、限られた賢明な用途に原子力を使用すべきだということです。 ほとんどの原子力事故と事故は、ヒューマンエラーによって引き起こされます。 今、男性は彼らが何であるか、彼の行為の高いリスクが常にあります。 原子力に対する必要性を制限することにより、私たち自身によるリスクを制限します。 私の意見では、電気加熱の無効性とフランスの原子力発電所への影響を示すことが重要です。 冬の消費ピークに対処するには、発電所の設備を大型化する必要があります。これにより、これらの期間外での浪費が促進され、原子力リスクが軽率に増加します。 水または家庭用暖房には、将来の解決策があります。それは、太陽熱暖房と木材暖房を組み合わせたものです。 温室効果ガスの排出という観点から非常に有害なガスや石油の加熱を防ぐことは問題ではありません。

-したがって、原子力で何をするのかを知ることは必要であり、これは本質的な議論の一側面です。 個人的には、私は給湯と家庭暖房の任務を除外します(そして、エアコンももちろん両方向に行きます)。 原子力は何のために使われるべきですか? たとえば、電気自動車のフリートを開発するために原子力を開発する必要がありますか? (私の意見では、これは真っ向からの急ぎです。)原子力は次のXNUMXつのことのために確保されるべきだと思います。

1)ネットワーク加入者を提供する 1週間および1人あたり最大15 kWh、電気加熱タイプのピーク消費を除外します。 (780人あたり年間60 KWhを生産するため、フランスでは(46万人の住民)800 kWhまたは000 TWhになります。昨年、EDFは約000 TWh(検証するために46 TWhの輸出数値が必要ですが、桁があります。したがって、このように電力を配分することにより、既存の発電所の公園を500で除算する必要があります!)それで:週に60 kWhで何ができるでしょうか? 私自身のエネルギー消費量とEvaのエネルギー消費量を測定することにより、私たちが15週間あたり15 kWhであることに気付いたため、このしきい値を20 kWhに設定しました。 だから私たちは15 kWhで非常に普通に暮らすことができます。なぜなら、他の人たちと同じように、コンピューター、テレビ、照明(暖房ではありません!)そして洗濯機(電気の一部水を40°Cに加熱するために使用されます)。 自宅では、15人あたり週15 kWhに配給すると、6 kWh * 90人=週4680 kWh(したがって、年間XNUMX kWh!)の資格が得られます。 私の意見では、それはあなたのエネルギー消費を感じることは不可欠な市民のアプローチです。

2)その他の用途:提供 路面電車、電車、すべての公共交通システムの電気 電気(エレベーター、エスカレーター…)。 その後、原子力電気は油圧と結合されます(SNCFが消費する電力の2分の5をすでに提供しています)。 桁違いのレベルでは、1000 MWのXNUMX〜XNUMX基の原子炉で十分であるはずですが、確認する必要があります。

3)そして最後に、原子力は 再生可能エネルギー産業の基盤。 原子力を使用して、大量のソーラーパネルを製造し、建設業界の残りの工作機械、風力タービン、効率的な自動車、自転車などに動力を供給する必要があります。 リアクターはいくつですか? おそらく公共交通機関を提供するのと同じくらい:2から5?

要約しましょう:
核の使用を除外します:
-家庭用温水の加熱(太陽光とバイオマスで十分でなければなりません)
-家庭用空調(強化断熱、生物気候アーキテクチャ、空調付き居住エリアの配給)
-また、私は以前、道路の継続的な照明と広告看板について言及するのを忘れていました!

私は次のミッションに原子力を捧げます。
-15年を通して、住民6人あたり週に約1000 kWhの電力を供給します。 (XNUMX MWのXNUMX基の原子炉)
-公共の公共交通機関(および貨物)に電力を供給(4 MWの原子炉1000台)
-産業、特に再生可能エネルギー(4 MWの1000基の原子炉)に電力を供給

フランスの核地図と廃棄物処理

今日、フランスにはいくつの原子炉がありますか? 58.この戦略にはどのくらい必要ですか? 14!

それから別の質問が来ます:どのような原子炉ですか?
ブリーダーはウランのグラムあたりの最高の効率と最高のエネルギーを持っているので、ブリーダーの偉大な擁護者です。

今日の原子炉は主に軽鉱山のウラン(U235)を消費していることを説明しておく必要があります。 ブリーダーはほとんどすべてのウランを消費します(その収率は1から60倍向上します)が、反応開始剤が必要です:従来の原子炉からのプルトニウム、およびブリーダーから、廃棄物の再処理後(ラ・アーグ工場)。
したがって、論理的には、推奨する14基の原子炉のほとんどが増殖炉タイプでなければならない、と言う必要があります。 おそらく、今日のような、またはEPRタイプのような1〜3個の低速中性子炉をそこに残すことができます。

原子炉EPR REPの動作原理

そして最後に確認できるのは、これらのエネルギーのほとんどの間欠性を考慮に入れて、これらの原子炉の一部を置き換えることができる再生可能エネルギーの割合です。

最終的に(30年?60年?160年?)艦隊全体が停止され、水素の形での電気の貯蔵と相まって太陽光発電所に完全に置き換えられます。 しかし、そのようなシステムのセットアップは長くなる可能性が高く、エネルギーを節約する必要があるセクターは他にもたくさんあります。

原子力エネルギーに関する詳細:
核融合
原子炉

また読みます: ドキュメンタリー:RAS原子力、報告する何もありません

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *