原子力と哲学


この記事を友達とシェア:

この記事では、一般的にはフランスの核政策と原子力発電についてです。

キーワード:原子力、エネルギー、電気、政治、電力、廃棄物、エリックSouffleux

原子力発電所

» Voici les données qu’il faut que tu ai à l’esprit pour discuter du nucléaire.

あなたは、私はまだ少し変化がわかるように、私の立場を明らかに:

– D’abord je m’aperçois qu’en étant « nucléo-tolérant », je suis le seul à pouvoir relancer le débat sur le nucléaire. Les pros sont pour et caricaturent la position du pour. Les contres sont contre et caricature leur position également. On a du mal à avoir un débat objectif si on est dans l’un ou l’autre de ces camps. Donc il me semble important qu’au préalable de tous débats que tu initieras, tu devras dépassionner le débat et inviter les protagonistes à l’écoute et à la modération. Voici un préalable qui à mon avis fera plaisir à ta prof de philo.

- 私たちは、核、および特にそのリスクを話すときそして、それは我々が温室効果と実行リスクを比較する必要があります。 廃棄物(私たちは農業や化学や石油化学に毎日使用する他の化学物質に比べて閉じ込められ、相対的な低トン数)核廃棄物の危険性を比較するために絶対に必須です。二酸化炭素は、我々が今日を閉じ込めていないと我々はそれを行うには母なる自然に任せること。

- 気候変動の問題と原子力エネルギーは7の世界の電力の%(及び総消費エネルギー未満の3%)を生成し、それゆえであると言うANTISの特に引数に比べて温室効果に対する解決策をしないであろう、限界。 実際にあなたが理解する必要が要因80 2を減らし、電力の4%が化石燃料から製造され、およそされていることである(他の部門の進化に応じてと人口統計学)化石燃料から電力のシェア。 これは、既存の原子力手を減少または増加させることなく、原子力のシェアは、おそらく生産される電力の30 40%まで増加することを意味します。 残りは、再生可能エネルギーと化石燃料の数%から製造されます。

だから、確かに核エネルギーは、今日限界ですが、我々は残りの上、気候変動との戦いを配置した場合には、残っている可能性はほとんどありません。

– Cependant, il ne faut pas tomber dans le nucléarisme béat. J’aime assez la réflexion de Hubert Reeves qui dit que le « nucléaire est une énergie pour les anges ». C’est-à-dire qu’il faudrait se servir du nucléaire pour des usages limités et sages, car les hommes ne sont pas à l’abri de négligences. L’essentiel des accidents et incidents nucléaire ont pour origine une erreur humaine. Or les hommes sont ce qu’ils sont, il y aura toujours un risque élevé de son fait. En limitant le besoin qu’on peut avoir d’énergie nucléaire, on limitera les risques dus à nous mêmes. Il est important à mon avis de montrer l’inefficacité du chauffage électrique et son impact sur le parc électronucléaire en France. Pour faire face aux pics de consommation en hiver, il faut surdimensionner le parc de centrale, ce qui incite au gaspillage hors de ces périodes et augmente d’une façon inconsidéré les risques nucléaires. Pour le chauffage de l’eau ou de l’habitat, il y a une solution d’avenir : le chauffage solaire couplée avec le chauffage au bois. Il ne s’agit pas de défendre le chauffage au gaz ou au fioul qui sont très néfastes du point de vue des émissions de gaz à effet de serre.

- 私たちは核を何をするか、すなわち、それは必要がある、これは議論の重要な側面です。 個人的に、私は給湯器のミッションと家庭暖房(エアコンもちろん、我々はよ両方の方法)を除外しました。 目的の核は何ですか? 例えばそれは、電気自動車の公園を開発するため、原子力発電を開発する必要がありますか? (私はそれが真っ逆さまに突入だと思います。)私は原子力発電が三つに計上すべきであると信じています:

1)は、ネットワークの加入者に提供します 一人当たりの週あたりの最大15のキロワット時これは、ピーク消費電気加熱のようなものを除外しました。 ((一人あたり年間キロワットを780ため、フランス(60万人)46 800 000 000 46キロワット時または億kWhで。大きさのために、EDFは500億kWhの周り昨年生産されるものそこ億kWhの輸出の数字を60が、桁違いがある確認してください)。したがって、このように電気を配給することにより先験的には、我々は10によって、既存のセントラルパークを分割する必要があります!)の質問はあなたのために発生する必要があります同様に:私たちは週15のキロワット時で何ができるのでしょうか? 私は自分のエネルギー消費量を測定するために、このしきい値15キロワット時を固定し、またそのエヴァの、私たちは2つに週20キロワット時に気づきました。 だから、誰もが、コンピュータ、テレビ、光(ただし、加熱!)、洗濯機(したがって、ある電気の一部であったとして以来15キロワット時で、非常に普通に暮らすことができます)℃に40ために水を加熱するために使用される消費します。 ホームは、一人当たり週15のキロワット時に配給することで、15キロワット* = 6 90の人々の週キロワット時を受ける権利があることを意味する(したがって、年間4680のキロワット時!)。 これは私の意見では、そのエネルギー消費を感じるために不可欠な市民のアプローチです。



2)その他の使用:提供 トラム、電車、すべての公共交通システムのための電気 電気(エレベーター、エスカレーター...)。 原子力発電は、その後、(既にSNCFによって消費される電力の3分の1を供給)の油圧に結合されています。 私は2 5 1000 MWに原子炉が十分でなく、チェックする必要があり、桁違いのレベルで推測します。

3)そして最後に、原子力エネルギーがなければなりません 再生可能エネルギー産業の基盤。 これらは、私たちの建設業界、風力タービン、効率的な車、自転車の残りのマシンツールに電力を供給するための太陽電池パネルを大量に生産する核にサービスを提供する義務があります.... どのように多くの原子炉? おそらく輸送collecifsに電力を供給するための限り:2 5をしますか?

要約するには:
私は核の使用を除外しました:
- 家庭用温水の加熱(太陽光やバイオマスは十分です)
- エアコンの生息地(強化絶縁、生物気候建築と生活空間climatisables配給)
- そしてまた、私は、以前の道路や広告看板の連続点灯を言及するのを忘れてしまいました!

私は、次のミッションに核を過ごしました:
- 週に一人当たり約15キロワット時の年間を通して基本的な電気を提供します。 (6 1000 MWリアクター)
- 公共交通機関(及び財)への供給電力エレクトリック(4 1000 MWリアクター)
- 我々の業界に電力を提供し、再生可能エネルギーの特に(4 1000 MWリアクター)

フランスの地図や核廃棄物

どのように多くのフランスの原子炉今日? 58。 どのように我々はこの戦略でそれを必要とする必要がありますか? 14!

原子炉の種類:その後、別の質問はありますか?
彼らは最高のパフォーマンスとウランのグラム当たり最高のエネルギーを持っているので、私は大きな支持者のブリーダーです。

私たちは、原子炉今日は鉱山で見つかったウランの235%未満を表す主に軽度のウラン(U1)を消費することを説明しなければなりません。 増殖炉は、ほぼすべてのウランを消費(その性能は60 100倍に優れている)が、それらは反応開始剤を必要とする:従来の原子炉から、また、ブリーダー(したがって、その名前)からプルトニウム廃棄物(ラ・アーグ工場)の再処理後。
だから論理的に我々はそれが私が親切なブリーダーである提唱14原子炉のほとんどを取ることを言う必要があります。 これは、EPRが好き今日のような中性子を減速する1 3リアクターを残しすることであってもよいです。

中央の原子炉EPRのREPの動作原理

そして最後には、アカウントにこれらのエネルギーのほとんどの断続的な性質を取って、これらの反応器の一部を置き換えることができ、再生可能エネルギーの割合を確認することです。

最終的に(30は何年?60年?160年?)公園全体が停止し、水素などの電気のストレージに接続された太陽光発電所によって完全に置換されます。 しかし、このようなシステムの実装が長くなることがあり、それはエネルギーの節約になりますので、他の多くの分野があります。


原子力エネルギーに関するさらに詳しい情報:
核融合
原子炉

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *