フランスの再生可能エネルギーの新しい関税

フランスは現在、次のように、再生可能エネルギーの開発を促進するための措置を講じています(おそらく遅れている)。

1)廃棄物の嫌気性消化によるエネルギーは、50%高い価格で、またはkWhあたり14セントのユーロで購入されます。

2)地熱エネルギー(ディープ?)はkWhあたり7,6セントから12セントユーロ、コジェネレーションの場合は15セントに低下します。

3)太陽光発電の場合、太陽光発電の価格は55倍になり、kWhあたりXNUMXユーロセントになります。

4)オフショア風からの電力のkwhは、オンショアの価格の13倍であるXNUMXユーロセントで買い戻されます。

私たちのコメント:そのようなイニシアチブのみを歓迎できるのであれば、電気エネルギーの実際のコストがはるかに低い市場でそのような対策の持続可能性について質問することは正当です(これは他とは異なります)国)。

これらの措置は、エネルギー購入者の善意に依存します(EdFは先験的に、覚えておきますが、 購入したkWhごとにお金を失う )。 消費者が実際の価格を直接(EdFまたは別のオペレーターに)支払うことによって「グリーン」エネルギーを使用することを直接選択できれば、おそらくもっと興味深いでしょう! 他のヨーロッパ諸国は何年もそれをやっています…なぜフランスではないのですか? 間違いなく、フランスとフランスの「中心主義」のもうXNUMXつの遺産...

また読みます:  Wave:運転中の充電式ハイブリッド電気トラック

風力エネルギーに関する書類を読む

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *