新しい風力タービンの設計:タービンStormblade


この記事を友達とシェア:

英国の会社Stormbladeタービンは静かな、より効率的かつ3枚のブレードを有する標準的な式よりも少ないメンテナンスを必要とすべきである風力タービンの新しいタイプを開発しています。
風速が27のm / sで(97キロ/ h)を超えた場合、現在の風力タービンの最も重要な問題の一つが発生します。ジャイロ効果がツリー内に作成されるため、ロータを停止する必要がありますトレーニング。 このジャイロの歳差運動(回転軸を傾斜させる傾向がある力の影響が回転方向におけるアプリケーションのその点の90度シフトされるロータの特性)は、回転子をねじる傾向がありますこれはブレイクにつながる、ブレードやメカニズムにストレスを増加させます。

風速が7のM /秒(24 km /時)未満であればさらに、回転子は、電気を生成するためには低すぎます。
La Stormblade Turbine, créée par Victor Jovanovic, fondateur de la compagnie, a un design semblable à celui d’un réacteur d’avion : les pales sont protégées par un carénage qui dirige le flux d’air à l’intérieur de cette turbine comme une buse d’admission. Cependant ce carénage est exposé au vent et aux vitesses de rotation élevées du flux d’air la traversant et peut développer ainsi un effet » parachute « . Le mât de l’éolienne subit alors des contraintes extrêmes. Le mât doit alors être soutenu par un échafaudage renforcé, ce qui va nécessiter davantage de surface au sol et augmenter le coût du système.

L’innovation principale du système concerne donc la partie rotor qui est fondée sur la turbine d’un moteur à réaction. D’après M. Jovanovic : » les moteur à réaction ont évolué au cours des 50 dernières années afin de produire moins de traînée, permettant aux aubages de tourner plus rapidement « . L’aérodynamique du système est donc améliorée ce qui permet de diminuer et d’augmenter la vitesse de rotation du rotor sans avoir à subir de phénomène de précession gyroscopique. L’efficacité de la Stormblade Turbine devrait être de 70% contre 30-40% pour les modèles actuels à trois pales, ce qui signifie que ce design dépasse la limite de Beltz (59%) d’efficacité maximale pour les éoliennes. Jonanovic estime que son éolienne pourra produire de l’électricité pour une vitesse du vent comprise entre 3 m/s (11 km/h) et 54 m/s (193 km/h), doublant ainsi la plage de vitesse utilisable. L’extension de la plage de vitesse offre deux avantages majeurs :
- 電力生産はより均等です。
- これらのタービンによって生成される電力は非常に高い。これは風速の3乗に比例します。
ベーンシュラウド内であるように、ギアボックスからのノイズも減少させるべきです。 この特定の構成は、さらに、メンテナンスコストを削減し、周囲の鳥の寿命を維持することができます。 視覚的影響の観点から、風力タービンの走査面は、従来の風力タービンのそれよりも小さいです。 しかし、ブレードによって掃引面積に比例する出力は、タービンStormbladeによって供給される電力は、より速い風速にもかかわらず、従来の風力タービンよりも低くあるべきです。
試験された試作品は、これまでのシステムの効率は、既存のタービン(最大3倍)よりはるかに大きいことを示しています。 同社は現在、資金や産業界のパートナーを求めています。 このシステムは、年に18 2ヶ月で市場にあるべきです。


出典:横坑


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *