ナイジェリアと油

この記事を友達とシェア:

120 milion住民で、ナイジェリアはアフリカで最も人口の多い国です。 1960以来、独立した、連邦共和国は36米国準州とほぼ200民族が含まれています。

国の経済は、一度商品や相対的な繁栄の輸出を許可された農業余剰に基づいていました。 しかし80年で、平均一人当たりの収入は$ 1000下のためにオーバー$ 300から落ちました。 ニジェール・デルタでは、汚染は、それが人々の生活のための危険になってきているようなものである、反乱、警察の暴力、殺人、処刑や「事故」とは、産業無数のです。 なぜでしょうか? 地域は、世界で素晴らしい石油埋蔵量の1の上に座っているので....

ナイジェリアは確かに毎日生産7万バレルへの最大の生産国2eです。 オイルは欧米企業、合弁事業または状態とその他の契約に基づいてによって悪用は勿論です。 ナイジェリアは石油輸出国機構(OPEC)のメンバーですが、義務は国に戻って支払われた金額ではありませんし、特に、お金の宛先に対する制御はありません。 これは、(主に)収入の巨大なソースに手を取得する取得手段国の政情不安のために責任があります!

生産は主に南部のニジェール・デルタに集中しています。 この湿地はマングローブや一部のフィールドを利用するいくつかの民族グループによって移入されます。 しかし、油漏れによる汚染は、汚染された土地と水は農業、漁業、消費者には不向きとなるようなものです。 空気は、燃焼ガスや酸性雨の完全な詐称の土壌や森林によって飽和しています。 失業率が最も困難な男性は、もはやフィールドや漁業で働くことができないそれらの領域に当たるとして、この事実は、公衆衛生上の問題だけでなく、社会的な問題を提起します。

石油収入は国家予算の65%を占めるだけ5%は生産地域に行きます。 上記のすべての不便さに加えて、それらは、中央政府が未発達の状態で放置されています。 繰り返し飲用水、道路、電気、学校、その名に値する病院...とガソリン不足はありません! 人口は、このようにパイプラインで...彼の方法でsiphonantを棚ぼたを活用しようとしています。 1月と10月800間2000の破壊行為、または4年度の2000ドルのmiliardsに対する損失相当するものはありました。 これは、トラフィックの大きさのアイデアを提供しますが、価格は重かった:10月1998で、1000の人々はラインの爆発で殺された、12月の7月250、2000 60で2000の人々....

抗議行動は、時には非常に暴力的かつ平等な暴力で処罰、増加しています。 10月1995では、環境保護ケン・サロ=ウィワと彼の仲間の8の吊り下げは、国際社会を動かしました。 ナイジェリアへの不正裁判は、連邦から追放を獲得しました。 しかし、状況は、企業が、時には彼らの生産を低下させ、その従業員を送還することを余儀なくされている点に悪化し続けました。

1999(および軍事政権の立ち退き)以来、状況はやや改善しています。 石油会社と政府が地域の発展に参加することによって、いくつかの社会的な平和を買います。 生態解決策があっても検討されています。 この平和が米国ギニア湾に巨大な埋蔵量を発見金利succiteに外国人ではないと思われるために正当なものです。 米国は、彼らの伝統的な同盟国、サウジアラビアとの距離を取るために、実際に求めています。 そこで彼らは、新しいリソース(イラク)よりアクセス(アフリカ)を見つける必要があります。 月2000では、米国の石油は、この地域に投資する意向を示していました。 2002でアフリカコリン・パウエルとジョージ・ブッシュでの訪問は、状態潜在的なパートナーの頭に接近するよりも、他の目的を有していませんでした。 ナイジェリアでは、油は南にあります。 南部の独立国家は、その過失減産につながった巨大なロイヤリティを徴収中央政府のdébarraséとは、石油会社のために理想的であろう。 この見通しは、おそらく、中央政府の政策の緩和に計量し、そしておそらく他の米国の提案しています。
したがって、我々は、この穏やかなオイルのニーズを満たすためだけの時間を持続させることを恐れすることができます。 急速に増加する人口を養うために苦労している農業の問題では、決定的な平和のためにmannoeuvreのための部屋を準備している北部のイスラム教徒の過激と油のための戦いは薄いです。

ソース/リンク:
- ナイジェリア、オイル条概要
- 記事包括的なが、英語で: http://www.eia.doe.gov/emeu/cabs/nigeria.html
- ジョエル・シュトルツ、ル・モンド・ディプロマ、2月99によってナイジェリアの複数の骨折: http://www.monde-diplomatique.fr/1999/02/STOLZ/11638
- デルタ地域社会の怒り、アフリカの回復(UN)、6月99:http://www.un.org/french/ecosocdev/geninfo/afrec/vol13no1/deltafr.htm
- オイル:両刃の経済的資産、アフリカの回復(UN)、6月99:http://www.un.org/french/ecosocdev/geninfo/afrec/vol13no1/petrole.htm
- ジャン=クリストフのサーヴァントによる新湾岸油状態、ル・モンドのディプロマ、1月2003:
http://www.monde-diplomatique.fr/2003/01/SERVANT/9856?var_recherche=nigeria

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *