ナイジェリアの石油インストールに対する攻撃で死んナイン


この記事を友達とシェア:

8人の警察官とナイジェリアの従業員を含む少なくとも9人が、ポートハーコートでイタリアの石油会社アジップの施設の武装勢力による攻撃で火曜日24 1月を殺されました。 そのアジップの子会社であるENI、サイトにインストール主に銀行を標的型攻撃によります。 グループは、レイドは石油業界週間を目的としたデルタ地域の反乱軍にリンクされていたかどうかを判断するための情報が不足して言いました。

« Il s’agit d’un hold-up qui a réussi », a estimé le consul général d’Italie à Lagos, à propos de l’attaque, très bien organisée et lancée depuis deux bateaux rapides. Les assaillants portaient des treillis de camouflage et des bérets. Ils étaient armés d’AK-47. Le consul a précisé qu’aucun expatrié, donc aucun Italien n’avait été tué, contrairement à ce qu’avaient d’abord affirmé des témoins.

続きを読みます


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *