Mycocarburant、ディーゼル生産菌


この記事を友達とシェア:

真菌によって産生さディーゼルは、植物油から従来の燃料およびバイオディーゼルの第一世代の代替とすることができます。

Appelée « mycocarburant », cette alternative a été développée par le professeur Gary Stobel de l’université du Montana (Etats-Unis). Le champignon responsable de cette production naturelle de diesel est le Gliocladium roseum. Gliocadium roseum est récolté dans les forêts de la Patagonie chilienne. Il pousse à l’intérieur des branches d’une ancienne famille d’arbres appelée « ulmo ».

この菌は、酸素の不存在下で成長するとき、それは自然に生成します
ヘプタン、オクタンなど、55揮発性炭化水素以上でディーゼルの2つの成分は、発見されました。

放出されたガスの量は、生産ラインを正当化するが低すぎます。 真菌のゲノム配列決定は、炭化水素の生成に関与する遺伝子を同定することが進行中です。

イリース・ドゥビュイスソン

出典:ル・ソワール、7 / 11 / 08、p15


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *