マグネシウムと水で動く実験エンジン

東京工科大学の研究グループは、水とマグネシウムの化学反応から回転力を発生させるプロトタイプの実験用モーターを開発しました。

このプロトタイプは、下部に水入口があり、上部に反対方向を指す600つの出口がある金属製の円筒形で構成されています。 シリンダーはマグネシウム片で満たされ、XNUMX℃に加熱されます。

水を加えると、マグネシウムと反応して酸化マグネシウムと水素を形成します:Mg + H2O-> MgO + H2。

シリンダーからのXNUMXつのガスの出口によって引き起こされる推進力により、シリンダーはその軸を中心に回転します。 次に、水素は空気中の酸素と反応して水蒸気を形成します。

このエンジンは化石燃料を使用していないため、二酸化炭素を排出しません。 さらに、反応から生じる酸化マグネシウムはリサイクルすることができます。

また読みます:  ローターHの起動

確かに、東京工科大学は三菱株式会社と協力しています。 「エントロピアレーザーイニシアチブ」と呼ばれるプロジェクトで、その目的は、太陽エネルギーを動力源とするレーザーに酸化マグネシウムをさらすことによって酸化マグネシウムをリサイクルすることです。

ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *