今日より11度暖かい世界

地球の表面の温度は、これまでに実施された最大の気候モデリングプログラムによると、摂氏11度上昇する可能性があります。
Climateprediction.net実験の最初の結果は、27月150日に科学雑誌Natureに掲載されました。 95か国以上にある000台の相互接続されたコンピューターにより、60の気候モデルの開発が可能になり、すべてオックスフォード大学によって調整されています。

使用されたモデルは、地球の平均温度が2°Cから11.5°Cに上昇することを予測しています。 したがって、これまでに受け入れられた高い見積もりは2倍になり、IPCCモデルの範囲は5.8°Cから3.4°Cになります。 2050年までに8°C上昇する可能性が最も高いと考えられています。 最高温度(11.5〜4.6°C)が達成される確率はXNUMX%にすぎませんが、一般循環モデルがこのような上昇を予測したのはこれが初めてです。

科学者は、大気中のCO2濃度が400 ppm(ppm = 2005万分の378)であると見なしています。 2年初頭の現在の濃度は7,5 ppmで、毎年XNUMX ppm増加しています。 世界の化石エネルギーの消費量は年間XNUMX億トンの石油換算であり、成長しているだけです。

また読みます:  2005の最初の気候レポート:暑い年

ソース: notre-planete.info

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *