専門家のための33 500のユーロでの三菱・i-MiEVの販売

この記事を友達とシェア:

三菱自動車は金曜日6月5 2009に初のオール電気自動車の最終版を提示しました。 1ereマーケティング相のみ、企業や地域社会のために意図されています。 これは、7月2009に開始されます。

三菱電気I-MIEV
I-MIEV、TRUE最初のパフォーマンスの電気自動車市場?

このコンパクトな車は(とは異なり、実際の4席です トヨタのiQ 都市の使用のための、またはスマート)。 その電動モータは、リチウムイオンバッテリーユアサ、電池の世界で評判が高いブランドで供給されています。

後者はまた、ハイブリッド車用電池のホンダと協力しています。

「私たちは、世界市場で私たちを良い地位に導くテクノロジーを設計することを目指しています」、三菱自動車、修増子のボスプレスを語りました。

「10〜20の時代に、日本の自動車産業が外国のライバルに遅れを取らないようにする必要があります」、彼は言いました。

パフォーマンス

I-MiEVのは、フル充電したバッテリーで160キロを走行することができます 「都会で毎日行われる旅行のための十分な自治」氏増子によります。

この車は、最初は他の例の中で、メンテナンスツアー車両やメール配信などの企業で使用されます。 公共企業や組織は、いくつかのお金を節約するために、温室効果ガスの排出量を削減するための方法として、それを参照してくださいし、環境に配慮であると主張します。 これは2の方法を修飾することです:
- 三菱、キロ当たりのグラム41 CO2の等価に従って製造とi MiEVの製品の電池のリサイクル、 これはすでに高いです!
- 排出量は、主の力、それに電気を生産することの仕方に依存CO2。 いくつかは、ここでそれについて分析します: 電気自動車とCO2.

7月に販売し、コスト4,6百万円(税抜輸出手数料の前に33.500のユーロに相当)で、i-MiEVのはまだ未定価格に4月2010から公衆に利用できるようになります。

しかし、それは残念ながら... 40 000€TTCを超えなければならない安全な賭けがあります!

詳細: Mitshubishiのi MiEVの電気自動車1ere本当の市場?

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *