日本のライフサイクルアセスメント(CVA)法

ライフサイクルアセスメント(LCA)は、計算のための方法論です。
製品が環境全体に与える影響を客観的に
原材料の抽出からその存在まで
排除。 1990年代初頭に日本に登場して以来、ACV
研究機関によって広く研究され、適用されてきました。
大学、産業、政府。
戦略を策定するための効果的なツールとして認識されています
持続可能な開発であるLCAは、その成功の一部は
1998年に発足した経済貿易産業省
全国的なLCAプロジェクト。 このプロジェクトは最大の開発を可能にしました
世界のACVデータベース、数ヶ月から利用可能。
現在、日本は最も広く使用されているLCA国のXNUMXつです。
特に産業環境で。 分析は広大な
燃料電池車などの幅広い製品とサービス
または都道府県の廃棄物管理。 このレポートの目的は
方法論を提示することにより、LCA活動の一般的な概要を説明します
開発され、多くのアプリケーション。

また読みます:  地球を救う

原産地:日本のフランス大使館-9ページ-1年09月2004日

このレポートをPDF形式で無料でダウンロードします。 http://www.bulletins-electroniques.com/japon/rapports/SMM04_078

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *