CO2市場:無知な産業家

Energy Plus、01 2月2005(概要)

CO2クォータマーケットのオープンの数日後の1月の初めに、産業家はEcodurableコンサルティング会社による情報会議に招待されました。 この契約の最初の段階は、30%の排出(生息地と輸送は含まれません)であり、2008まで実行される予定です。 市場を合理化するために、柔軟性メカニズムが導入され、クォータを購入して必要な企業に転売する手段が作成されました(CDCが準備中のプロジェクト、Ixis fin 2004が開始したヨーロッパカーボンファンド、 PowernextおよびEuronext)。 しかし、これらの柔軟性メカニズムは、京都議定書が発効し、来年2月に16が発効するまで有効になりません。
会議では、2人の産業家が状況を共有しました。
-Lafargeグループは、PNAQのXNUMXつの指標、つまり過去の取り組みを考慮に入れていないこと、市場の成長を考慮に入れていないこと、およびすべての排出量に適用される進捗係数によって障害があると考えています。第三者にのみ行動することが可能です。
--Rhodiaグループは、他の温室効果ガスを考慮に入れていないことに憤慨していると感じています。
この会議は定期的なイベントになりますので、メーカーは経験を交換し、ポスト2008の望ましい発展について議論することができます。

また読みます:  代替エネルギーとしての太陽電池

出典:www.enviro2b.com

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *