CO2市場:産業取り乱し

この記事を友達とシェア:

より多くのエネルギー、2月01 2005(要約)

1月上旬に、数日の取引クォータCO2の開封後は、メーカーがエコ持続可能なコンサルティング会社によってブリーフィングに招待されました。 この市場の第一段階は、排出量の30%である(住宅、輸送は含まれません)と2008まで予定されています。 薄い市場に、柔軟性メカニズムが適所に配置されており、クォータを購入し、必要に会社にそれらを販売する器具が作成されているCDCが行った準備プロジェクトでIXISエンド2004によって起動(欧州炭素基金、 PowernextおよびEuronext)。 しかし、これらの柔軟性メカニズムは、京都議定書、16 2月の発効として浮上してきます。
会議では、2実業家は、自分の位置を表明しています:
アカウントに市場の成長となるようにすべての問題に適用される進捗率を取っていない、過去の努力のアカウントを取るに失敗: - ラファージュ・グループは、NAPの3つの測定値によって不利感じ第三者に作用することは不可能です。
- ローディア・グループは、アカウントにその努力の大部分であった他の温室効果ガスを取っていないことで不当な扱いされています。
この任命は、企業が経験を交換し、ポスト2008のための望ましい発展を議論することができます繰り返しになるために彼を導きました。

出典:www.enviro2b.com

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *