フランスの法律やバイオ燃料

この記事を友達とシェア:

石油製品の国内消費税の削減の恩恵を受けてバイオ燃料の量を増加し、生産単位の承認手続きを緩和

コメント:この記事では、税関コードの条265 Aビス、石油製品の国内税の削減の恩恵を受けてバイオ燃料の生産に定めるクォータを増加させます。 また、同じオペレータの生産単位の設備のグローバル化の可能性を提供します。

純粋な植物油に対策の目立つ存在しないことに注意してください。

I.国会による投票DEVICE

この記事は、国会、私たちの同僚ジルGarrez、一般予算の報告者と彼の仲間のいくつかの改正により満場一致次2005のための財政法案に挿入した人予告「極めて良好」政府を受けていました。

この改正の目的は二重だった、それがありました:
- まず、2005、石油製品の内部減税の恩恵を受けてバイオ燃料の総量を上昇します。
- 第二に、その承認された製造ユニットの他に、オペレータの生産ユニットに発行された承認の一部の転送を許可します。

アシストQUOTA 2005バイオ燃料税A. INCREASE

記事では、上の国内消費税の削減が付与され、140.000のクォータ、バイオ燃料(エタノールの製品や植物油の二つの分岐間で分割)2005のトンを調達する計画しますその料金ヘクトライトあたり、のために、現在の石油製品、:

- 33 FAMEのためのユーロ*; ETBEのための38のユーロ*; エタノール37ユーロ。

現在の承認は、次のとおりです。
- FAMEの387.000トン。 219.000 ETBEのトン。 エタノールの103.000トン。

税の増加は、クォータが約20%となる助けました。

B.生産を承認した自軍ユニットのトレーダー柔軟な管理

税関コードの上記の記事265ビスA、コンサルティング後、予算のための大臣の承認を得なければならない、石油製品の国内消費税に提供割引の恩恵を受けているバイオ燃料生産ユニットを提供EC官報に掲載された上訴手続きに指名上の農業担当の1、。



オペレータは、別の生産単位のいずれかを彼に発行されたライセンスを転送することができ、税関行政の合意で提案されています。

この措置は、バイオ燃料に、その6月2004(*)で私たちの同僚MPアランMarleixが提起した、精製業者からの需要に対応し、正当として彼によってみなします。

オペレータの生産ユニットの1つの生産は別のユニットが認可総量が尊重されるように上昇することができることを、遅くしたり、停止することであったが。

II。 あなたの位置委員会

バイオ燃料のフランスの生産を増加させる可能性が高い任意の尺度は、現在のレベルは非常に遠くコミュニティの目的からであるのみ歓迎することができます。
その製造装置の管理のために事業者に課せられた条件の緩和にもタイムリーに提供することを承認しました。
あなたの一般的な報告者が税負担(*)の進化に関する彼の最近の情報レポートに主張しているようしかし、フランスは、税制上の優遇措置で、これらの製品の量に制限を確立するために、ヨーロッパで唯一の国であります(イタリア、スウェーデンを除きます)。

また、クォータが完全に満たされることはありません、任意の過剰は財政の主要な改革を必要とするシステムのマルサス的性質を反映し、罰せされています。

委員会の決定:あなたの手数料は変更せずに、この記事を採用することを提案しています。

* FAME:植物油または「ジエステル」のメチルエステル。
* ETBE:エチルターシャリー・ブチル・エーテル:エタノールとイソブテン、石油製品の精製の残留物の混合物。
*情報レポートNo. 1622(XII議会)。
*号52(2004-2005)。

サイトによると、 www.senat.fr


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *