水法

水に関するフランスの農業法。

エコロジー大臣のセルジュ・レペルティエは水曜日に、2002年間の激しい議論の末、XNUMX年にジャック・キラックが行った公約に従って、農民に新たな税金を課さない水に関する法案を提出します。大統領選挙。

フランスは、水質の悪化で欧州委員会から何度も非難され、1998年にこの水政策の改革を開始しました。

この法案は、ドミニク・ボイネットのプロジェクトが2002年に最初に読んだときに投票したように、農業で硝酸塩に課税するために最初に提供されました。 この措置は、2015月にマチニョンとエリゼが仲裁した後、完全に姿を消しました。 現在の法案は、23年2000月75日の欧州指令(法律)に従い、68年の「良好な生態学的水状態」を目指しています。現在、領土の半分は硝酸塩の「脆弱地帯」に分類されています。 フランス環境研究所によると、農薬は河川の1%と地下水の半分にも存在します。 フランスで使用される水の7%を消費する農民は、硝酸塩(家畜や肥料から)と農薬による汚染の大部分に責任があります。 彼らは料金の2,5%を水道局に支払い、水道局は汚染除去のためにXNUMX倍の援助を支払います。 法律はこの比率をXNUMXに減らすと、生態学省は説明しています。 テキストは、肥料製造業者によって支払われた農薬(植物検疫TGAP)に対する現在の税を州の予算から流域による汚染除去を管理する水道局に移すことを計画しています。

また読みます:  微粒子

税金(40万ユーロ)は、農家が肥料を購入する協同組合のレベルで徴収されます。 同省によると、「その金額は、VATの横にある農家の請求書に記載され、教育効果があります」とのことです。 最終的に、農民は追加の税金を支払うことはありませんが、水道局は農業からもう少しお金を受け取ります。 同省によると、農業界は現在の3%に対して4〜60%のロイヤルティ(年間合計1,8億のロイヤルティのうち1万ユーロ)を寄付する予定です。

世帯は依然として最大の貢献者であり(82%ではなく86%)、業界のシェアは安定しています(約14%)。

「法案の審査中に国の代表からのスタートがなかった場合を除いて、現在のスキャンダルは、世帯を水政策の現金牛にし、責任者への請求を拒否することによって農業汚染を助長します。続けて」、UFC-Que Choisirに憤慨し、水に関する議論に非常に積極的です。

また読みます:  農業:土壌の貧困と再活性化、クロード・ブルギニョン

法律は「硝酸塩汚染の問題に取り組むことができない」と消費者協会は続けている。 それはまた、大規模な水道会社の契約期間の制限(現在20年)をあきらめ、法案の固定部分を組み立てることは、UFCを嘆きます。

生態学省は他の措置を提唱している:川沿いの草の細片による水の保護、5年ごとの農薬噴霧器の管理、1分の10の最小流量を維持する義務2013年末までに河川で。水生環境を保護することを目的としたこの措置は、ダムの運営者によって争われています。

XNUMX月上旬に上院に提出されたこの法案は、水産上級評議会(CSP)の代わりに水と水生環境のための国立事務所(ONEMA)を設立することにより、漁業の組織を改革します。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *