フランスで販売されているローガン

「ルノーは、2005年半ばからほとんどの西ヨーロッパ市場でDacia Loganの販売を決定しました。 5つの夏は、ルノーグループが000ユーロの自動車であるローガンの戦略を変更するのに十分でした。 彼は、「自動車報道機関と一般の人々の両方と、車が出会った素晴らしいレセプション」に頼っていました。 当初は新興国向けでしたが、このブランドはヨーロッパの商用サイレンに抵抗しませんでした。 今週、専門誌Auto Plusに掲載された調査によると、質問を受けた人の82%が「ルノーローガンにforちる」準備ができていることがわかりました。 しかし本当の理由は、2005年に8000ユーロのシティカーを発表するPeugeot-Citroënの競争を含む競争を探すことかもしれません!

Daciaブランドで販売されているため、ルノーの場合、ローガンのコストは約7ユーロになります。ルーマニアからの輸送は異なる税といくつかのオプション(特にエアバッグの数!)で製造されます。シリーズモデルに追加します。 しかし、この価格でさえ、「ローガンはこれらの市場で最も競争力のあるオファーになる」とルノーは保証する。

また読みます: NOUVEAUXのtéléchargements

したがって、安価な車の競争はフランスで始まったようであり、これは流通している車の数の増加に関する環境への懸念を高め(関連記事を参照)、地球温暖化との戦いに動員することの難しさを強調しています。 22月XNUMX日に開催され、車のない日にはフォロワーが少なくなりました。 フランスでは、参加都市の数が半減しました。 彼らはわずかXNUMXです。

ソース

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *