世界のエネルギー強度が低下します

この記事を友達とシェア:

エネルギー強度は、GDPの単位を生産するのに必要なエネルギー量は1,5以来、世界中1990%の平均減少しました。 集中的な格差が解消されない非常にエネルギー:です25%日本、西ヨーロッパ、ラテンアメリカと南アジアが、40%アメリカの方が高いため、世界平均よりも低いですノース・オセアニア。 1980におけるエネルギー強度の最高レベルを持っていた中国は、4倍の速さ、世界の他の部分よりもそのエネルギー強度を下に見て:それは世界的な平均の範囲内になりました。 これらは、世界中の世界エネルギー会議の一環として、ADEMEが実施し63国のエネルギー政策に関する研究の知見のいくつかです。 調査「世界の政策とエネルギー効率指標は、「これらの国63で撮影した様々なエネルギー政策措置の有効性を評価しています。

詳細:

- ADEMEのウェブサイト、 こちらをクリック.
- 石油・エネルギー強度、いくつかの国の比較


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *