世界のエネルギー強度は減少しています

GDPの1,5単位を生成するために必要なエネルギー量であるエネルギー強度は、1990年以降、世界中で平均25%減少しています。非常に強いエネルギー強度の格差が残っており、平均より40%低くなっています。日本、西ヨーロッパ、ラテンアメリカ、南アジアの世界平均ですが、北米とオセアニアでは1980%高くなっています。 63年に最高レベルのエネルギー強度を持っていた中国は、そのエネルギー強度が世界の他の地域よりも63倍速く低下しました。現在、世界平均になっています。 これらは、世界エネルギー評議会の枠組みの中でアデメによって実施された世界XNUMXカ国のエネルギー政策に関する研究の結論の一部です。 「世界のエネルギー効率政策と指標」の研究は、これらXNUMXカ国で取られたさまざまなエネルギー政策措置の有効性を評価しています。

詳細:

-アデメのウェブサイト、 こちらをクリック.
石油とエネルギーの強度、一部の国の比較

また読みます:  福島原発事故、他のチェルノブイリ?

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *