リール・メトロポールは有機廃棄物をガスに変換します

リールの都市コミュニティは、ヨーロッパ最大の有機回収センターでの作業を開始しています。 大都市の南にあるセケディンに設置されたこのサイトは、川で運ばれる年間108.000トンの緑の廃棄物を処理します。 この場所は、大都市の北にあるハルイン焼却センターへの焼却可能な廃棄物バージ(年間180.000万トン)を乗せる場所としても機能します。 この輸送モードにより、年間10.000〜12.500台のトラックに相当する「節約」が可能になるはずです。 CVOは、HQEロジックに組み込まれた30.000 m2を超える空気抑制チャンバー内に拡張され、主に、年間4万リットルのディーゼルに相当するバイオガスの生産を目的としています。 このリソースは、約34.000台のバスの消費に対応し、都市コミュニティのバスフリート用に予約されます。 このプラントはまた、非常に純粋なコンポストである約2005トンの「デジステート」を生産します。 スイスのグループLindeは、Sogea-Ramery(シェル)と建築家のLuc Delemazureと共同で、この機器の建設を手に入れました。 オペレーターは、25年秋に開始される入札の呼びかけに続いて選ばれます。サイトには、CVO自体と、川沿いの廃棄物移送センター、バスガレージ、また、発酵性廃棄物収集車両の別館もあります。 2007年初頭に予定されている開業時に72人を雇用する予定です。リールの都市コミュニティによる投資は、CVO stricto sensuの54万人、トランスファーセンターの18万人を含め、税抜きでXNUMX万人に達しました。

また読みます:  グローバル化した農業:モデルが最後にある、オリビエ・デ・Schutter

コミューンの官報。
30 / 03 / 2005。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *