2007年のエネルギー自由化:消費者にとっての罠?

1年2007月XNUMX日以降、価格が無料の市場でサプライヤーと契約することを選択した電力および/またはガスの消費者は、規制されたガスまたは電気料金の恩恵を受けることができなくなります。引っ越しの場合を除いて電気。

政府は彼が知っているので、業界アナリストとして、消費者を閉じ込め、改革のモルモットをしようとする、価格のスライドは、中期的には可能性が高い以上のものです。

来て5年では、これらの市場は、法律での競争に開放するが、確かではない現実になります!

それどころか、EDFとGDFは競争を恐れる必要はなく、次の理由で非常に支配的な立場を利用する完全な自由を持っています。

1-他のヨーロッパ諸国の輸出能力は弱いか、あるいは存在しない、

2-電気とガスの相互接続ネットワークはすでに飽和状態にあり、輸出の可能性を制限しています。

3-競合する可能性のある少数の企業は、それぞれの市場であまり競争力のない価格を請求します。つまり、フランス市場のEDFまたはGDFよりも高くなります。

また読みます:  2006年:現代気象学史上最も暑い年のXNUMXつ!

消費者は、購読することを選択した一部の企業の苦い経験を​​生きたくない 規制のない市場での入札とすることができることなく、二年未満での電気代73%の増加を持っていた「バックオフ。」

現在のテキストもあり、その結果、規制関税の恩恵を受け、それらが永久的に市場(ガス、電気)高インフレリスクにロックされた消費者の間の治療の容認できない不平等を作成します。

UFC-Que Choisirの場合、実際の競争の条件が満たされない限り、政府は消費者がいつでも規制された料金の恩恵を受けることを許可しなければなりません。

UFCソース

エネルギーの自由化と新しいオペレーターの選択について議論する forum.

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *