2007のエネルギー自由化:消費者のためのトラップ?


この記事を友達とシェア:

1er 7月2007から、選択した電気および/またはガスのすべての消費者は、もはや規制関税ガスまたは恩恵を受けることはできません価格は無料ですが、市場でのサプライヤーと係合します移動するときを除き、電気。

政府は彼が知っているので、業界アナリストとして、消費者を閉じ込め、改革のモルモットをしようとする、価格のスライドは、中期的には可能性が高い以上のものです。

来て5年では、これらの市場は、法律での競争に開放するが、確かではない現実になります!



その代わりに、EDFとGDFは競争を恐れていなかったとので、そのアーチ支配的な地位を享受する自由を持っています。

1-他の欧州諸国の輸出能力は、弱いか存在しません

輸出機会を制限し、電気とガスの相互接続ネットワークが既に飽和しています2-、

3-いくつかの潜在的に競合する企業は、すなわち、フランス市場におけるEDFまたはGDFよりも高い競争力あるそれぞれの市場での価格を充電してください。

消費者はに加入することを選択したいくつかの企業の苦い経験を​​生きたくありません 規制のない市場での入札とすることができることなく、二年未満での電気代73%の増加を持っていた「バックオフ。」

現在のテキストもあり、その結果、規制関税の恩恵を受け、それらが永久的に市場(ガス、電気)高インフレリスクにロックされた消費者の間の治療の容認できない不平等を作成します。

UFC-QueのChoisirについては、実際の競争のための条件が満たされていないとして、政府は、消費者がいつでも規制関税の恩恵を受けるできるようにする必要があります。

UFCソース

エネルギーの自由化やフォーラムに新しい演算子の選択肢を話し合います。


Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *