新しい車のエネルギーラベルは来年5月に10で義務付けられます

10月2日に、販売用の新車にラベルを貼り、各車両のCOXNUMX排出量を指定することが義務付けられます。 ルノーとPSAは現在、これを添付することを決定しました。

1995年以降に義務付けられた家電製品*に存在するものと同様に、22年2004月2日に発表された気候計画の一部であるエネルギーラベルがディーラーからの新しい車両に貼られ、COXNUMX排出について自動車購入者に通知されます。 、温室効果と地球温暖化の原因です。

CO2排出量が100 g / km未満の最も汚染の少ないA(濃い緑)から、250 g / kmを超えるもののG(赤)までの分類は、フランス人に車の購入を促すことです。よりクリーンで経済的。


続きを読みます

また読みます: 深い岩に温室効果ガスを貯蔵する

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *