2005でのLepeltierの優先事項

 記者への彼の願いの伝統的なプレゼンテーションの間に、エコロジー大臣は、始まる年の彼の優先順位を思い出しました:
-気候変動との戦い:気候計画の実施、「京都議定書よりも野心的な新しい議定書」の作成。
-生物多様性の保護:Natura 2000ネットワークの完成、ピレネー山脈へのクマの再導入に関する決定。
-水政策の更新:水道法案の採択、および各河川の行動計画の採択。
-技術的および自然のリスクを防ぎ、汚染と戦う:廃棄物の発生源での削減、2003年のリスク法のテキストの実施、健康環境計画の実施、核の安全性と廃棄物に関する議会の議論放射性。
-特に研究の促進と管理の方針を通じて、持続可能な開発を促進する。
セルジュ・ルペルティエのスピーチを読むために、 こちらをクリック.

アントワーヌ・ブルエ http://www.enviro2b.com/

エコノロジーノート:「私たち」は365日後に再びそれについて話します! わかりませんが、彼の誠実さを信じるのは難しいと思います

また読みます:  わらに基づくエネルギープラントの燃焼

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *