2005における優先Lepeltier

この記事を友達とシェア:

プレスへの彼の誓いの伝統的なプレゼンテーションでは、エコロジーの大臣は控え年度の優先順位をリコール:
- 気候変動との戦い: "。新しい、より野心的なプロトコル京都議定書「気候計画の準備を実施
- 保存生物多様性:ナチュラ2000、ピレネーのクマの再導入の決定を完了。
ドラフト水法の採用、および各河川のための行動計画の採択: - 水政策を改修。
- 技術と自然のリスクを防止し、汚染との闘い:廃棄物の発生源の削減、法律リスク2003、健康・環境スキームの実施、原子力安全及び廃棄物に関する議会の議論の規定を実施放射性。
- 研究を推進し、ステアリングの政策などを通じて、持続的な発展を促進します。
セルジュ・ルペルティエのスピーチを読んで、 こちらをクリック.

アントワーヌブルエ http://www.enviro2b.com/

econologyのメモ:365の日に "on"でこれについて話します! 私は知らないけど、彼の善意を信じるのは難しい

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *