当局は、焼却炉からのダイオキシン類によるヒト汚染に関する調査を開始しました

この記事を友達とシェア:

AFSSAとINVSは、ダイオキシン類別人口の含浸に関する全国調査を開始しています。 これら2公共団体の目的:可能性は、都市固形廃棄物焼却炉(MSWI)の近くに住むオン血清ダイオキシン集団を定量化します。 約千人が彼らの食習慣とその環境に関するアンケートに応答すると、自分の体の潜在的なダイオキシンや重金属のミックスになります。 ジリシュルイゼール(サヴォワ)とPluzunet(コートダルモール)へ2004の終わりに行われ、テストフェーズの後、研究集団は8焼却炉の周りだけでなく、任意のUIOMの遠隔制御領域に選択されます。 研究の結果は半ば2006によって期待されています。
AFSSAは、食品安全のためのフランスの機関であり、INVSは保健研究所です。
INVSのウェブサイトにプレスリリースをダウンロードするには、 cliquerのICI。

出典:www.enviro2b.com

Facebookのコメント

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *