エネルギーラベルはディーラーに行く

2004で7月に政府によって発表されたエネルギーラベルは、ディーラーで表示され始めています。

14 5月2006の時点でショールームで発表された新車に必須であるため、フランスは温室効果ガスの排出に関して京都議定書に基づく約束を果たすことができます。

AからGに卒業したこのエネルギーラベルは、一部の家庭用品のラベルと似ています。 車両から1キロメートルあたりに排出されるCO2の量を一目で購入者に知らせます。 このガスは地球温暖化の直接的な原因であるため、これは生態学的な手段および情報です。

シトロエンは、来年5月の14の期限までに、その店舗に規制エネルギーラベルを装備するのを待ちませんでした。 2005の12月末からこの措置の早期実施がすでに始まっており、非常に急速に拡大しているため、フランス政府全体が2月中に政府が設定する日付よりもずっと前に装備されます。

また読みます: 石油なしのスウェーデン?

この新しいラベリングは、おそらく、大きなエンジンの車に非常に有害な影響を与えるものがあると考えています。

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *