GMOの生産は米国が支配的です

驚くことではありませんが、アメリカ人は依然として遺伝子改変生物(GMO)の最初の生産者です。 業界に関連する協会であるBiotechnologyInformation Council(Washington DC)を代表して実施されたミネソタ大学の研究者の報告によると、67,5万ヘクタールがGMOに充てられています。 2003年から2004年にかけて世界中で、43,9億ドルの総市場を表しています。 現在、63か国がトランスジェニック植物(主に大豆、トウモロコシ、綿花、菜種)の栽培を行っていますが、そのうち21か国がこのセクターを支配しています。もちろん米国(利用されるGMOの面積の6%を占める) 、アルゼンチン(4%)、カナダ(14%)、ブラジル、中国(XNUMX%)。 アメリカの支配的な地位は、栽培が許可されている改変植物の数と多様性、すなわち現在までにXNUMX(メロン、米、ビート、タバコ、トマトなどを含む)によっても強化されています。

 LAT 08 / 12 / 04
http://www.latimes.com/

また読みます:  完全な修復!

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *