再生可能エネルギーは引き続き上昇傾向

過去55,9年間で、再生可能エネルギーはドイツで約9,3テラワット時(TWh)の電力を供給しており、これは国の総電力消費量の2003%をカバーしています。 7,9年には、この割合はXNUMX%でした。

2004年に初めて、風力タービンは油圧設備よりもドイツでより多くの電力を生産し、ドイツはこの分野で初めて世界のリーダーでもありました。
光起電設備の建設:
設置された300MWの太陽光発電は、ドイツが日本(280 MW)を上回っています。
再生可能エネルギーから生成される熱の割合も、過去4,2年間でわずかに増加し、2004%に達しました。 バイオマス、太陽エネルギー、地熱エネルギーは、62,1年に1,3 TWhの熱を生成しました。これは、前年よりも約XNUMXTWh多くなります。

ソース:VDI Nachrichten、25 / 02 / 2005
編集者:ニコラスCondette、nicolas.condette@diplomatie.gouv.fr

また読みます:  ガソリンを買う余裕がない

コメントを残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドは、マークされています *